土の中から「もう春です」

今日の天ぷらは
サワガニ、ウド、たらの芽、クワイ、キクイモ、フキノトウ、ハナウド、山芋のかわり揚げ(中に岩魚と梅)。
でした。鹿塩の山塩でお召し上がれ。

土の中からもう春です。

【散策】松川町部奈(べな)ライトなビュートレッキング

グリーンシーズンはなかなか出歩くことができないので
今のうちにご案内できそうな地元スポットを回ってデータを蓄えています。
今日の地元散策はお隣の松川町部奈へ。
大鹿村からは岩洞(がんどう)という峠道を越えていくと30分足らずで
スタート地点につくことができます。

部奈集落の中心地で以前はJAのて店舗だったところが、
今は珈琲十分(じゅっぷん)というお店になっています。
(今日はお休みでした)そこに車を止めてスタートです。

集落内に「アルプス周遊コース」だったと思うのですが
白地に青い字の看板が要所に立っていてそれをトレースして行きます。
基本的にコンクリート道路を進みます。
畑の中に前田遺跡配石遺構という縄文時代の儀式跡地がありました。
案内看板によると自然界のあらゆる精霊や祖先の霊のまつりの儀式が行われた場所だそうです。
天竜川や小渋川由来の沢山の石が配置されています。石の配置についての意味とか詳しい方と一緒に訪れたら楽しそうです。

もう梅もほころんでいます。梅畑を抜けて行くと「ビューファーム」と表示された展望台につきます。
中央アルプスの山並みと伊那谷、飯田から中川村の渡場あたりが望めるスポットです。
東屋もあるのでそこで休憩してからまた歩き始めました。
集落の中心的な神社にお参りしてそこから「日影森林コース」の看板が気になり山の尾根を通るコースを15分ほど歩き
スタート地点に戻りました。
これで部奈の集落をぐるっと一回りした感じになります。

所要時間はおおむね90分。

初心者向きお手軽なビューコースとなっています。
集落内はリンゴや柿の畑、田畑でのどかな風景の中を進みますが基本コンクリート道路です。
天竜川の高台にある集落なので
日当りも良く、南アルプスは仙丈ヶ岳と北岳やその前衛の山々、中央アルプスの山並みも楽しめます。
遺跡や古墳に興味がある方もおすすめです。

【告知】橋本でリニア報告をさせていただきます

相模原市橋本でリニア報告をさせていただきます。
テーマはリニア災害です。
リニア工事の村で起こっていること、困っていること等を共有できる機会になりそうです。

ご興味がおありの方はお出かけください。

詳細はこちら

日 時 :3月 3日 (日 )18時~20時30分
(開場 17時30分)
会 場:ソレイユさがみ セミナールーム2
(橋本駅北口 イオン6階)
資 料 代 :500円
内 容 :大鹿村からの報告 前島久美 相模原市各地域からの報告と意見交換

中央アルプス詣で

飯島町の傘(からかさ)山を目指してトレッキング。雪の中を駆け巡っている野生動物の足跡や
際立って聞こえてくる野鳥のさえずりにわくわくしました。
スタート地点から2時間ぐらいの山のようですが、後の日程があったので
1時間15分ぐらい歩いて引き返しました。
途中、空木岳、南駒、越百山が臨める絶景スポットでおしるこをいただいて下山。
思っていた以上に雪が深く、30㌢くらいの中を歩いたので
結構いい運動になりました。

登りに来られたと思われる岐阜ナンバーの男性は「思ったより雪が多い」といって引き返されたようでした。

【自然観察】チャバネフユエダシャク発見!

西日本の海沿いのトレッキングコースを歩く機会があった。
途中、太平洋が見渡せる高台に楠があり、それに登ろうとしたら
彼女に出会うことができた。
手をかけたところにいたのだった。潰さなくてよかった。

チャバネフユエダシャク(暫定)のメスの成虫だ!

図鑑でみた、あの白黒のホルスタイン形!
羽は退化してない。

大鹿村でもよく冬枯れたコナラの林を
探してみたけれど、雄はいるのにメスは発見できないままでいた。

なんと、西の国で思わぬ遭遇。
ひとり、ひっくり返りそうになりながら興奮が絶頂に達した瞬間だった。

小正月行事 どんど焼き

今日は、小正月行事 どんど焼きが各集落でおこなわれました。
上蔵地区では、朝9時にどんとを作り上げ、2時に点火をしました。

この恒例の行事は、集落ごとにどんとに造形の個性がでるところがポイントです。
上蔵のどんど焼きに参加して2年目ですが、
各戸から出された正月飾りをばらしてまた別々にまとめて飾るところが
上蔵スタイルです。統一感があって美しく感じます。

大鹿村観光として、「毎年1カ所づつどんど焼きを巡る」といのも味わい深い旅になるかもしれません。

大寒の風景作り 凍み大根

寒冷地の保存食 凍み大根作りを慣行しました。

今日はこの冬一番の冷え込み。
大鍋を火にかけて、大根を湯がき、冷水で灰汁抜きをして
穴をあけ、藁に通して軒下につるす、という作業を1日繰り返しました。
日中は太陽のおかげて無理なく作業ができました。
今年はちょっと多めの仕込みになったので日が落ちてやっと
ノルマを達成することが出来ました。

右馬允の軒下の1月の風景をお楽しみください。

お陰さまで今年も濱中千鶴さんの助けあって
風景造形師の責任を果たすことが出来ました。

1月の季節のおまけはミゾゴイマ米

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、市場に出回らないもったいないオオシカ谷のお野菜をお届けしています。
1月大根、白菜等越冬野菜を中心におたのしみの小正月の伝統食をお届け中。
また、もったいない野菜と一緒にお届けする「季節のおまけシリーズ」では、
自然からの恵みをちょこっとお裾分けしています。
1月は「大鹿ミゾゴイ米」シリーズから
コシヒカリ、もしくは古代米の一種のみどり米をお届けしています。
大作戦は1月16日までの発送をもって一時休戦いたします。
また野菜が育ち始める5月〜6月ごろ再戦させていただきます。
当企画ではあなたからの参戦をお待ちしています。

※大鹿ミゾゴイ米とは・・・・
ミゾゴイは世界中に1000羽といわれる絶滅危惧種Ⅱ類の鳥で、子育ては日本でしか確認されていません。この貴重な渡り鳥が、毎年夏には東南アジアからこの大鹿村にもやってきます。2017年まで複数のミゾゴイが確認されてきました。渡りの季節がちょうど田植えの時期からかこの辺りでは昔から「田の神様」としてあがめられています。
また「えぼーえぼー」という独特な鳴き声から大鹿村では「うなりどり」とも呼ばれています。
 私達が育てたお米は「コシヒカリ」です。4月、籾から育て、手植えをし、無農薬で化学肥料を使わずに育て、秋に鎌で稲を刈り入れ、はざかけをしました。ミゾゴイは、「里山」と言われる環境を好んでやってきます。ところが、私達の暮らす上蔵(わぞ)地区では2016年からリニア工事が始まり、2018年、昨年まで見かけたミゾゴイが確認できていません。農業や酪農によって循環する命のある環境が、ミゾゴイにとって子育てをするのに最適な場所なのです。リニアに依存することなく、私達の米作りはミゾゴイとともに上蔵の風景を育んでいます。

謹賀新年 2019

新年あけましておめでとうございます。
本年も大鹿村でお待ち申し上げます。

右馬允のお正月料理は3日までです。
信州・右馬允のお正月料理をお楽しみください。

冬期(〜3月)は、ご宿泊(1泊2食付き)のみの営業となります。

よろしくお願いいたします。