日別アーカイブ: 2012年4月29日

大鹿村信濃宮で「李花(りか)の祭り」が行われました。

20120429_photo014月29日、大鹿村信濃宮で「李花(りか)の祭り」が行われました。
神社名は、宗良親王が「信濃宮(しなののみや)」と呼ばれたことにちなんでいます。
昭和十五年に皇紀二千六百年の記念事業とし、県社として勤労奉仕によって造営が始まりましたが、終戦までには完成せず、 その後民間の奉賛会の手によって昭和二十三年に完成しました。
大鹿村の春の代表的なお祭りとして、毎年4月29日に盛大に行われています。
地元のお母さんたち手づくりの季節感たっぷり、木の芽入の五平もちや、煮物などが振舞われます。
この日は、村民によりインドの古典楽器のシタ―ルの演奏、大鹿太鼓、フラメンコなどが奉納されました。芸能の村「大鹿」を大いに感じられるお祭りです。