地元探訪 秋の散策 千丈ヶ岳

秋の天気は目まぐるしく変わります。今日は雨空が晴れたので、千丈ヶ岳へ日帰り登山を試みました。
おとなり長谷から北沢峠までバスが出ていて、なんとバスで2030mまで登れてしまします。
バスは満員、団塊の世代と思われる方が多い印象です。
1500mあたりの紅葉がすばらしく、オノオレカンバ、ミズメ、ハウチハカエデ、カツラ、イタヤカエデなどで構成される錦の中を進みました。
鋸岳の特異なカタチや甲斐駒ケ岳の花崗岩の白にわくわくしながら北沢峠に到着。いざ千丈ヶ岳を目指します。
比較的緩やかな樹林帯を2時間程歩くと、稜線です。ウラジロナナカマドの赤がキラリとひかります。眺めは最高。北岳と富士山のワンツーコンビや白峰三山など南アルプスの峰々から北アルプスも臨めます。北は一足早く雪化粧をしているようです。
千丈ヶ岳3033m到着。両サイドはカールです。以外にも山頂は暖かい風が吹き、30~40分お昼を食べてゆったりと過ごしました。
少しゆっくりしすぎた感がでたところで、最終の4:00発に間に合うようにかけ下ります。
お天気に恵まれ、豊かな山頂の景色を楽しみましたが、3000m級はこんなに気軽に登ってはいけないなということをどこかで感じます。今度は戸台から川沿いに目指そうと、心の中でつぶやくのでした。