月別アーカイブ: 2014年2月

雪のオオシカ谷

村のお年寄りたちは口々にいいます。
「こんだけ降ったのは生れて初めてだ」
オオシカ谷は氷河期気候。
寒くて雪はあまり降らないというのが通常ですが、今季はよく降りました。この雪が植物や昆虫、動物たちにどのような影響があるのか。春~夏にかけての観察が楽しみです。

スノ☆トレ

どーんっと降りました。山の状態は春の雪で少し湿った感じ。トレーニングにはもってこいです。
冬鳥も活発に飛びまわります。ゴジュウカラ、イカル、カシラダカ、エナガ、コゲラ、ヤマゲラ、ベニマシコ、ツグミなど。イカルの鳴き声は小川のせせらぎのようで、春の感じが高まります。ひと雪ごとに春の訪れを感じずにはいられません。

雪降る日

朝から雪が止めどなく降り積もっています。
あとから、あとから、、、雪はかけども、かけども、、、雪は後から、後から、、、
おお、何という自然。

軒下の食材たち

寒波が来たり、ゆるんだりの季節。春に向かって1歩1歩です。
そんな季節ならではの食材たちが軒下を彩ります。自家製の鹿の生ハム、凍み大根、たたみ公魚。
大鹿の季節のエネルギーを取り込んだ食材たちを旅舎右馬允でご堪能ください。

体力維持と道の整備

20140212_photo01
村一件の養蚕農家、紙谷正さん(87)の冬場の生活レポート。
雪が降ればしっかり雪かきをして汗を流します。晴れた日は土がゆるむので、敷地内の道の整備をされています。いづれも背筋、腹筋、腕力の強化と調整に役立てているようす。
この季節は休息と調整、強化で体のリズムを春に向かって整えている・・・そんな日々です。

本日のデザート

20140211_photo01
右馬允のデザートは、地元食材を基調におつくりしています。
今日は、塩バニライチゴアイスクリーム、塩キャラメルシフォン、鹿フレークさぶれ、オニグルミのメレンゲ。

雪の日

20140208_photo01
よく降る雪でした。
視界が限られると、普段は目に入らないものが見えてくるので不思議です。

早春のデザート

20140207_photo01右馬允のデザートは、地元食材を基調におつくりしています。
今日は鹿塩の山塩を使った塩キャラメルシフォン、塩バニラアイスクリーム、鹿クッキー、オニグルミを柚子のメレンゲ。