秋の冒険③ ~潮をみにいこう!~

かつて塩見岳からは、遠州の駿河湾がみえたという。
一説には、塩見岳の由来となっているらしい。

朝は下山のつもりで緩やかに三伏峠まできてみたら。
天気予報はまずまず。予定を変更して塩見岳をピストンすることにした。

「体中が痛い」「もう引き返そう」とかなんとかいいながら頂上までだらだらきてしまった。
東峰にタッチして引き返す。塩見は頂上まで来ないと富士山と顔を合わせる事が出来ないのが
魅力だとおもう。いきなり視界が開ける壮快感。いいお山だ。

やっとのことで三伏峠まで返って水を求めて歩いたら

まさかの往復1時間。いつもの水場は機能していなかったので
源流までくだった。お花畑でビバークする勢いだったのは言うまでもない。

ちょっと欲張りな計画も見直さなければいけないとおもった。

小河内避難小屋 6:45発
三伏峠 8:45
塩見岳 12:20

三伏峠 15:40
水場 往復60分
三伏峠小屋 16:40