日別アーカイブ: 2016年8月29日

リニア新幹線沿線住民ネットワーク JR東海の大鹿村道路工事説明会の横暴に抗議

JR東海による住民締め出し事件(26日釜沢)についてリニア新幹線沿線住民ネットワークは国、JR東海、大鹿村に抗議声明を提出しました。

全文はこちらから印刷

以下全文
JR東海の大鹿村道路工事説明会の横暴に抗議する声明

<住民絞めだす説明会は無効>

8月26日午後6時から長野県下伊那郡大鹿村釜沢で、JR東海による釜沢地区個別道路工事説明会が予定されていました。この説明会は、あらかじめ「釜沢住民とその関係者が対象」に行われるとして自治会に通知されていました。

しかし、当日会場で事前に、大鹿村リニア対策委員のMさんが大鹿村リニア対策委員として説明会に参加したいと求めたところ、JR東海の社員は「部外者」だとして入場を拒否しました。その理由についてJR東海社員は「一定の線引きをしないと秩序が保てない」と主張しました。Mさんは「オブザーバーでもよい。意見表明もしないから参加させてほしい」と譲ったにも関わらず、不当にも参加を認めませんでした。もともとMさんは釜沢地区住民から参加を要請されていたもので。地区自治会長と副会長が再度参加を求めてもJR東海は前島さんの参加を頑なに拒否しました。そして説明会の冒頭、JR東海の現地社員が「今回の説明会は住民の要望よりJR東海の意向が優先される」と趣旨を説明したため、自治会長と副会長は「これでは説明会として認められない」として退席する事態となりました。

<住民の理解と信頼を失う>

今回の説明会は「住民との信頼関係を築き、協力体制を整えるため」という目的でJR東海から提起されていたもので、結果的に住民の理解を得られないばかりか、JR東海に対する不信感を募らせる結果になりました。大鹿村は釜沢地区のみならず、全村住民がリニア新幹線の架橋や非常口工事、残土処理施設の設置、膨大な工事車両の走行などで深刻な影響を受けることになります。それ故、どの地区で説明会を開こうと、全ての村民が参加できることが前提です。国交省も環境省も「事業の実現には住民の理解が前提」との立場を明らかにし、JR東海に対してもそのための努力を求めています。リニア新幹線について、これまでの環境影響評価手続きの過程で品川~名古屋沿線で多くの住民説明会が開かれましたが、参加者のほとんどが疑問や不安を示し、計画の見直しを求めました。メディアも税急な工事は将来に禍根や負の遺産を遺すとして、沿線住民のみならず国民的な理解を優先するよう報道しています。まだ工事説明会を開くような段階ではないことは明らかです。

リニア新幹線計画沿線住民でつくる私たちリニア新幹線沿線住民ネットワークは、今回の大鹿村でのJR東海の住民の気持ちを踏みにじる、横暴で一方的な振る舞いに強く抗議するとともに、住民の多くを排除するような説明会の開催を強行しないよう求めるものである。

2016年8月29日

リニア新幹線沿線住民ネットワーク

           共同代表 天野捷一、川村晃生、片桐晴夫、原 重雄

栗の茶巾絞り登場

庭の栗の実が落ち始めたので
右馬允の秋の味覚、茶巾絞りが登場しています。

歓迎のお茶請けとして、うどん屋のデザートセットの一品としてお楽しみいただいています。