月別アーカイブ: 2018年10月

赤石岳初冠雪

「千鶴さん 赤石岳に雪がつもっとるに!」
「あれ、しゃらべんこらしい」

朝、そんな会話を交しながら季節の移ろいを感じました。

南アルプス初冠雪です。

最低気温が10度を下回る日も出てきました。
御来村の際には暖かくしてお出かけください。

※「しゃらべんこらしい」とは、方言で「かっこをつけて」などと言う意味です。
赤石岳が擬人化されてより身近に感じられる、そんな雰囲気をもつ言葉の印象でした。

【紅葉情報】キノコの次は紅葉をお楽しみに

なごりのきのこ。はしりの紅葉。
庭の黄色のモミジがほんのり色づいてきました。
オオシカ谷から山を見上げると1,500m付近の紅葉が見頃を迎えつつあるようです。
右馬允から車で2~30分の夕立神パノラマ公園がおすすめ。
紅葉と南アルプスの山並みをお楽しみください。

大鹿発・ミニコミ誌「越路(こしじ)」の8号発刊のお知らせ

「大鹿の十年先を変える会」の会報 越路(こしじ)8号が発刊されました。
右馬允にて購読することができる他、年間購読の受付けも可能です。

■今号のコンテンツ(今号の表紙画モデル・アケビコノハ)
・「登山者こそがリニア反対の主体としてふさわしい」 服部 隆(南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡共同代表、反原発ナウシカ山の会代表)
・「大平での囲炉裏端ヨガ体験記」 大蔵 隆(元大平宿住民)
・「大平宿は電磁波フリー?」 渡邊 幸之助
・「転がる石には苔生さず8」 難波 広
・「平和祭り」 大橋 奈穂子
・「新堀川に都市計画道路はいらない」 森 明香(高知大学教員)
・「元号ほんとにいりますか?」 井上 森(元号いらない署名運動)
・「伊那谷スケッチ ~自然と文化を巡るふるさと再発見~ 第38回」 前島 久美
・「たらたらと読み切り148 共同親権出でて忠孝滅ぶ(前)」 宗像 充
・「とおせんぼ」(リニア情報)壬生 眞由美/宗像 充

「大鹿の十年先を変える会」の理念は「自分たちのことは自分たちが決める/山と里、街と村、人と自然のいい関係/リニア新幹線失敗の早期実現」です。
「越路」は「大鹿の十年先を変える会」への完全カンパ・投げ銭方式で運営されます。
ご協力をお願い致します。

——————————
編集・出版:大鹿の十年先を変える会
発行責任者:宗像充(長野県大鹿村大河原2208)
電話:0265-39-2067
mail:munakatami@gmail.com
——————————