十五夜の余韻を感じて

十五夜がすばらしかったので、前菜の盛りつけも当分お月様に引っ張られそうです。

写真は伊那谷の郷土食「カボチャのクルミ和え」

あと数日は十五夜仕立てでご提供いたします。