【食材情報】晩秋のキノコがとれてます

今秋、40年来山きのこをハントされている先輩は「こんな(キノコがない)年は初めてだ」と呟いていました。

地元の農家さんは、今年は虫が多いとか、白菜やキャベツが成長途中で腐り始める。またはざ掛け米をしている農家さんでは未だに水分量が多く、出荷にこぎ着けていません。
近年の気候の変化のせいでしょうか。
更にここへ来て、松茸が採れるという異例な年となっています。

自然の流れに戸惑いながらも思わず名残の食材に恵まれる嬉しい晩秋です。

今年は冷え込みが緩やかな影響か、晩秋のキノコを豊富にお料理をご提供中です。

また新鮮な野生の猪メス3歳が入荷しており、ドングリのうまみを感じる新鮮な油をお楽しみいただけます。

※この情報はあくまで6日現在です。食材は山の季節と共に移り変わります。