【県内街道レポ】妻籠宿〜馬籠宿 旧街道をを行く

今日は南木曽駅から中山道を辿るコース。

妻籠宿、馬籠宿、落合宿を経由して落合川駅を目指す。

近年は外国人観光客にも人気スポットだ。

本来ならこの時期は観光客で賑わうのだろう。

今日は貸し切り状態で中山道を往く。

標高はさして大鹿村と変わらないのにやや気温は低めなのか、

桜もハナモモもまだまだ楽しめる。新緑もまだ浅い。

街道は、ショウジョウバカマが咲き終わりチャルメルソウが花盛り。

鹿の食害がないので、存在感たっぷりのサイズ感で自生していたのが印象的だった。

大鹿の谷ではこんなにどっしりとしたチャルメルソウはお目にかかれない。

フモトスミレの一種が檜の林のなかで涼やかに咲いている。

途中、妻籠城址跡や男滝、女滝など主要なスポットにも立寄った。

今回、道を外れて立ち寄るスポットはどれもよかった。

アプローチとスケールのバランスがちょうどいい。

お昼は、しだれ桜の美しい茶屋でラーメンを作って食べた。

居心地がよく思わず長居。ここから200mくらいのところにある

子安神社を参拝。ご神体がリアルです。来年どんどやきのご神体制作担当者は必見。

下りの石畳の街道に足首の疲労感を感じる。山道の柔らかさが恋しい。

落合宿を抜けて下りきるとR19号を南木曽駅方面に進む。

いままで木立の中の街道歩きだったので

車道と並歩することで、ちょっと疲弊。しかもコンクリート。

けれど地元の女の子を呼び止めて駅までの裏道を教えてもらったのがよかった。

高台から畑の中の急斜面をダム湖に向かって降りていく

ジブリアニメにありそうな風景コースで取り戻した感じ。

今回は感染症対策もあって全てのお店は休業。

観光客もおらず、街道は貸し切りの状態だった。

路線バスも休業中で、駅を目指すしかなかったので

ロングコースとなった。

おそらく、通常であればそれぞれの宿の雰囲気や味覚を楽しみながらゆっくりと歩き

路線バスを使うというのが一般的であろう。

★コースタイム★

南木曽駅 8:30

一石栃立場茶屋 11:45 お昼休憩

落合川駅 15:35(電車乗車 16:07)

南木曽駅着 16:20