【郷土食】チマキ

正介(まさすけ)さんがシンプルなチマキを作成。

ふかした米粉をカヤの葉に包んで再度蒸す。

甘さもなし、もちろんあんこも入らないのが当地のオリジナルだそうだ。

昔(約3、40年前)は、この時期とも言えばお蚕様の飼育や田んぼで忙しさが増すので

チマキを保存食として野良仕事に常備することもあったという。

蒸し上がったチマキはカヤの良い香りがする。

それを再度焼いて、

好みで味噌やきな粉をまぶしていただく。

近所のNさん(80代)のチマキにまつわる思いでは、一緒に暮らしていたおばあさんのエピソード。

朝起きると頭痛があっても桑畑で仕事があるとき

かちかちのチマキを噛みながら畑に向かうと

頭痛が和らいだ。

あごを動かすので頭痛も和らいだのではないかと話す。

ご当地チマキ療法。

けふは田植え作業の間にチマキをなにも付けずにいただいた。 草むらアロマで、確かに腹持ちはよい。