【自然観察】内包させたいイモムシ アケビコノハ

個人的に内包させたいイモムシ

「アケビコノハ」

あたしの紋は「アケビコノハ」ですと、言えるくらい好きです。

きっとそういう着物をいつか、仕立てるでしょう。

今年も田んぼの水の取り口のところで4、5匹生息してくれています。

小さい頃もかわいいのですが、このくらいの大きさになってくると

アケビコノハの銀河系が顕著になってきます。

こっくりとした茶色の中に青いつぶつぶと

「アケビコスモ」と言われる黄色い網目状の「銀河」が見えてきます。

でも今日は、チーターっぽさを発見してしまいましたが・・・あなたにはチーターが成長していく様子がみえるでしょうか。

静止ポーズは、お尻はぷりっと持ち上ちあげ、逆に頭部はすっぽりと丸め込む。

大胆なのか引っ込み思案なのかわからない!という葛藤が具現化したような雰囲気も個人的に馴染みます。

このままイヤカフにしたいと、いつも妄想します。

それから、感触もシルクのような触り心地でとても良い。とてもおとなしいイモムシです。

五感を使って堪能してね。

ちなみにアケビコノハもヤガです。