【発刊】大鹿発 ミニコミ誌 越路19号が発刊されました。

大鹿発信のミニコミ誌越路19号が発刊しました。

越路(こしじ)は「大鹿の十年先を変える会」の会報誌です。

右馬允にて購読することができる他、年間購読の受付けも可能です。深く「むら」に触れてみたい方へ、滞在中の余暇におすすめ。コアな情報は越路でキャッチ。 

■今号のコンテンツ

・「人が人を配慮する」社会へ 東 京司

・キャンプ場でクマに襲われて 川名真理(針葉樹の会 一橋山岳部のOB会)

・三里塚闘争54年の今 太郎良陽一(三里塚柴山連合空港反対同盟)

・日本学術会議の任命拒否問題「まず足をどけて下さい」岡田健一郎(高知大学教員)

・川は流れる、どこまでも 南ア タイムマシン紀行No.2 小畑ちさほ

・中曽根康弘元首相の合同葬に思うこと 森本政人

・市民活動の大切さ ~当事者の立場~ 佐々木 康一(船橋市)

・転がる石には苔生さず その18 難波 広

・英霊は生きていた 大橋奈穂子

・「たらたらと読み切り159 ふるさとをつくる」 宗像 充 

・「とおせんぼ」

「大鹿の十年先を変える会」の理念は「自分たちのことは自分たちが決める/山と里、街と村、人と自然のいい関係/リニア新幹線失敗の早期実現」です。
「越路」は「大鹿の十年先を変える会」への完全カンパ・投げ銭方式で運営されます。
ご協力をお願い致します。 

——————————
編集・出版:大鹿の十年先を変える会
発行責任者:宗像 充(長野県大鹿村大河原2208)
電話:0265-39-2067
mail:munakatami@gmail.com
——————————