【軒下カレンダー】凍み大根づくり

けふは千鶴さんちで朝から凍み大根づくり。室から大根を掘り起こして洗い、皮をむいて輪切りにしてゆで上げます。あく抜き(冷水に浸す)をしながら穴をあけて藁を通して軒下に吊るしていきます。
寒冷地の保存食づくりです。今ではあまり見ることができなくなった風景ですが、10年くらい前から毎年の行事としておこなっています。今年はそんなに大根の本数はないかなと思いましたが思いのほか量がありました。結局夕暮れ間際までかかって3竿吊るしました。
あとは寒波と太陽任せで2月あたりには完成するはずです。お楽しみに!