作成者別アーカイブ: wpmaster

【自然観察】スイカズラのもふもふ

スイカズラにもふもふが登場。

こっくりとした茶色の毛並みがかわいらしい季節のイモムシ。

正式名 オビガ 

個人的通称名 子犬ちゃん

刺激を与えると頭部をゆさゆさ振りたくる習性があるので

触り心地を味わいたい方はやさしく触ってね。 大丈夫。毒針はもっていないし、かぶれないから。

【農事】ドロオイ払いの儀

大雨に緊張する毎日です。風も強いので台風のような気配で降っています。

午後からは止んで少し日差しもさしましたがまだ、明日も雨は続くようです。

そんな止み間に田んぼで「ドロオイ払いの儀」をおこないました。

農薬無使用を目指す私の田んぼは虫と草がわんさか、

あたしたちが食べるためには人間の動力をつかってそのエネルギーを分散する必要があります。

オニグルミのお払い作業は、この地域で行なわれていた「農薬以前」の手法です。

ドロオイの幼虫は自分のうんちを背中にしょって外的から身を守る技を身につけました。

よってそのうんちは「ねちねち」しています。

それに対して大鹿村に極一般的に自生するオニグルミの葉は「ざらざら」という性質を携えており

「ねちねち」をうまく捉えてくれるのです。

これが「あるものを使って必要なことをする」という先人達の教えです。

得意げに、そしてやや大げさに両手にクルミの葉をもって田んぼの中をひとしきり舞うようにして歩きました。

日暮れ前に田んぼから上がると、そこにご近所のKさん。

「そんな短いクルミの葉はえらいら、枝振りの大きなやつではらってごらんな」

とご教授いただだきました。

確かに、そっちの方が効率的です。 知識だけではなく用法もしっかり吟味しなくてはいけません。

【自然観察】鳴き声を確認!

早朝、家の周りで作業をしていると

「キョロロロロ〜」

お、これはアカショウビンではないか!

鮮やかな赤い姿を探しましたが、姿は確認できず。

アカショウビンは主に東南アジアから飛来する渡り鳥です。この時期だと周辺でそろそろ卵を産む頃。

しらない間に、ご近所さんになっていたのですね。

その後、お隣のKさんともアカショウビンが鳴いてたね、って話でひとしきり盛り上がりました。

手ものとの図鑑によると、繁殖期は梅雨時と重なり、特に雨が降りそうな時に鳴くため、

「雨乞い鳥」や「水乞い鳥」とも呼ばれているようです。

まさしく、大雨の止み間の早朝に耳にした嬉しい鳴き声でした。

【お知らせ】右馬允から営業状況についてのお知らせ

日頃は右馬允をご利用いただきありがとうございます。

右馬允の営業は、現在「宿泊のみ」となっています。

右馬允のお食事は宿泊のご予約をお取りになってお楽しみください。

右馬允では感染予防対策として、

最大6名様までのご利用とさせていただいています。

通常通り、2組様お受けはしておりますが、

定員に達した時点で満室とさせていただいております。

夏休みなど長期休暇の家族旅行の計画はお早めにおたてください。

引き続き感染予防対策にご協力ください。

ランチなど会食のお店をお探しの方は

高森町のフランスレストラン「ス ジュシール」をおすすめいたします。

ランチ・ディナー それぞれ3組まで要予約です。よろしければご利用ください。

【自然観察】ブルーベリーの収穫時はそっとやさしく

ブルーベリーの収穫が始まりました。

黒く色づいた実を毎日収穫しています。

気をつけなければいけないのは、マイマイガを握ってしまうこと。

先日、ブルーベリーの枝を手で引き寄せたらうっかり、彼を握ってしまいました。

以前、知人が「マイマイガに刺された」と言っていたのがふと思い出されました。

その時はそんなはずはないのだけれどな、と思ったのですが
「この感覚は、刺された感があるかも」と実感しました。

この時期、蛹化前の彼らがブルーベリーの葉や幹にいる事があるのです。

別に毒をもっている訳ではないのですが、中学生のちょっと伸びかけた坊主頭に触った感覚で、結構刺激的だったのです。
だからこのサイズ感の彼らにあったらちゃんと棲み分けをするか、優しくふれてあげてください。

【リニアNoThankyou!】Fielder8月号「リニアの旅」リニア沿線の旅が掲載されています。

Fielder8月号「リニアの旅」リニア沿線の旅が掲載されました。

静岡、長野、岐阜、愛知の最新工事状況を徒歩と自転車で巡ったレポート記事です。

大鹿村在住のライター 宗像充さんが手がけた記事です。

右馬允は、南アルプス山麓の静かな環境、季節折々の豊かな食材を守るために

リニア中央新幹線計画に反対しています。

関連記事参照

★【リニア工期】リニア工事全体の遅れについて ジャーナリスト樫田秀樹さん
https://hbol.jp/222443

★【迂回ルート流失】降雨と工期 (南アルプスモニターより)
http://akaishimonitor.jp/category/report/

【降雨影響】道路状況をご確認ください

昨日一晩で7月分の降雨量が降った大鹿村。

自宅前の坂道は昨年の台風の時と同じように川になりましたがお陰さまで浸水はありませんでした。

村内至る所で不通が発生しています。今のところ主要道は通行でき生活への大きな影響は出ていません。

とはいっても、地質的に脆弱な地域ですので予断は許しません。

今後も雨の続く日が予想されますので、道路状況は最新情報をチェックし、

お出かけの際は十分ご注意くさい。

村内最新情報は以下からご確認ください


◆ 大鹿村役場:http://www.vill.ooshika.nagano.jp

◆飯田下伊那郡 道路状況 飯田建設事務所:https://www.pref.nagano.lg.jp/iidaken/

【自然観察】クスサン すかしだわら完成

クスサンは約、3日3晩かけて「すかしだわら」なる繭を完成させました。

この形状は湿気の多い、梅雨時に適した繭であるのかな、と感じます。

あくまで主観ですが…

中のいもむしちゃんは、毛は大分落ちて

すっきりしていますがまだ蛹になっていません。