カテゴリー別アーカイブ: いつでも送っていいよ大作戦in大鹿

秋蚕の飼育始まりました

村一軒の養蚕農家 紙谷正さん(92)の蛹室では秋蚕の飼育が8月30日から始まりました。
早くも3齢目がねるところです。

紙谷さんの稲刈りはこのお蚕様たちを出荷してからとなります。
およそ20日過ぎ頃から刈り入れです。

それまでお蚕様見学会随時実施中。

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では見学会をコーディネートします。
大鹿村にお立ち寄りの際は予定に組み入れてみてはいかがでしょうか。
メールにてお問い合わせください。

「いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」
【事務局:前島 久美】 
itsudemo.daisakusen@gmail.com

春蚕の飼育スタート

村一軒の養蚕農家 紙谷正さん(92)の春蚕の飼育がスタートしました。

昨日の午後紙谷家入りを果たしたお蚕様は、
夜8時にご飯を済ませ、今朝5時に朝食を召し上がったそうで
伺った9時にはのんびりと桑の葉の上でお休みされていました。

これから約20日間お蚕さまと向き合います。
お蚕様と対峙する紙谷さんはとてもうれしそうです。

「何十年もやっとるけど、いのちは毎回どう育つかわからん」

と話す紙谷さん。小さな小さな命の個性を愛でながら
何十年も過ごされてきた様子が伺えます。

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、お蚕様見学会を実施中。
お気軽にお問合せ下さい。

いつでも送っていいいよ大作戦in大鹿 2017年度スタート

農村から日本の自給率を考える企画
「いつでも送っていいよ大作戦 in 大鹿」のもったいない野菜便の発送が始まりました。

この企画もお陰様で9年目を迎えました。身近なおじさん、 おばさんの畑で育つ季節の野菜たちをお送りしています。
基本、自家栽培自家消費の野菜たちなので規格外、虫食いあり、泥付き前提です。 今年度もよろしくお願いいたします。

規格の詳しい規約はこちらをご覧ください。
会員随時募集中!

「いつでも送っていいいよ大作戦in大鹿」1月の出荷

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、地元のおじちゃん、おばちゃんが栽培しているもったいない野菜たちを個配しています。

本日より、23日までの奇数日発送です。
越冬野菜たちと、お楽しみ小正月の大鹿伝統食をこっそりお届け。

9年目を迎えたこの企画ですが、お野菜を育ててくださっているメンバーも年を重ねたり、旅立つかたもちらほらと、今年はより一層、畑でのサポートが必要と感じています。

お野菜便の発送再開は2017年5月末頃を予定しています。

写真は、紙谷正さん(90)が室から里いもを掘り出す様子です。

里いもの収納

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、農村TAXを活用し、農家さんへのお手伝いもさせていただいています。

今日は、村一軒の養蚕農家 紙谷正さんが里いもの収納をされるというので

駆けつけました。南向きの畑は午後ともなると日陰をつくり、すでに肌寒さを感じます。

掘り起こした里いもを、来年の種と食用とにざっくりと分けて袋に入れていきます。

結構な量でしたが、やっぱり二人でやると早いものです。

1時間ぐらいで終了。日暮れに間に合ったのでした。

11月のもったいない野菜便 季節のおまけもお楽しみに♪

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿
では地元のもったいない野菜たちを個配しています。

そろそろ最後のイチゴ(サマープリンセス)やなべ料理に欠かせない白菜もお目見えおおむね6種類から10種類を目安にお送りしています。

今月の季節のおまけは、隣町のリンゴ農家さんから「シナノゴールド」やお風呂に入れるといい香り、「かりん」をこそっとお入れしています。

どんな野菜たちが入っているかは開けてみてのお楽しみ
今月のもったいない野菜ゲリラ便をお楽しみください。

玉名賞受賞おめでとうございます!

20160814_photo01今日は、大鹿村の夏祭り。
夜の花火大会はメインイベントです。
毎年、大鹿村住民、出身者、大鹿村ファンの方々が入り混じって楽しみます。

この花火は村内外の個人や企業からのご寄付で上げられます。

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、企画発足当時からのメンバーで東京支部代表の陶山冬樹さんと合同で
ここ数年、毎年花火を上げさせていただいています。
玉名はいつも陶山さんに考えていただいています。

なんと、

今年は玉名賞をいただきました。やったー!おめでとうございました。

「大鹿の豊かな自然 美しき田畑よ 永遠に! 」

寄せていた思いに恥じない村をつくっていきたいと思います。

玉名賞を受けて、村から陶山さんがインタビューをうけましたので以下に全文を掲載させていただきます。

Q1、どんなお気持ちで玉名を考えられたのですか?

20数年前 大鹿村にゆかりのある友人に連れられて訪れました。

大好きな南アルプスの勇姿 美しく手入れされた田圃や畑 、歴史ある佇まいの神社。
なにより豊かな自然とあたたかく迎えてくださる村の方々、
心の凝りが ゆっくり ゆっくりほぐれていくような……以来、
大鹿村は私とパートナーの 心の故郷になりました。
そんな故郷にここ数年 きな臭い開発の手が
忍び寄って来ている事を聞き いても立ってもいられず、大鹿村には変わって欲しく無い。
今の美しい村のままでいて欲しいとの思いを玉名に込めました。
村外者の我儘かも知れませんが
私たちの大好きな大鹿村を大切に守って頂きたいです。

Q2玉名賞を受賞しての感想をお聞かせください。
思いがけない受賞にびっくりしましたが
本当に嬉しく思います。
ありがとうございました。
頂いた副賞は 滞在中に使いきります。

トウモロコシの出荷が始まりました

20160802_photo01里に下ってみれば、トウモロコシの出荷が始まっていました。
この時期はサルとの攻防が日夜繰り広げられます。

「どーせ、サルにやられるで早く出荷する」

と、浜中千鶴さん。
とっても甘いトウモロコシなのでサルも一生懸命なのはわかります。

「いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では2級品をお送りさせていただいています。それでもとっても甘いトウモロコシです。

さて、サルとの攻防戦を勝ち抜いたトウモロコシはあなたの口に届くのか?!

大鹿もったいない野菜 都内取り扱い店のご紹介

20160714_photo01いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、
もったいない地元の野菜を会員制で個配させていただいています。

東京都内のお店にもお送りしています。

三輪亭」 イタリア・チロル料理専門店
長男堂」 弁当・惣菜 こっそり食堂・喫茶
たいやきそら」 大鹿村のイチゴのソースのかき氷が人気☆
パリの朝市」 伊那谷の鮎もお送りしています。

キャベツ農園

村一軒の養蚕農家 紙谷正さんの畑があっという間にキャベツ農園になりました。そしてその次に控えているのはおナスさんたちです。
もりもりいただいて元気に過ごしましょう。

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」で発送しているほか、お持ち帰り野菜として、お泊りの方にもご提供中。

お帰りの前日までにお声をおかけください。翌朝ご用意いたします。