カテゴリー別アーカイブ: おおしか☆里山大作戦

玉名賞受賞おめでとうございます!

20160814_photo01今日は、大鹿村の夏祭り。
夜の花火大会はメインイベントです。
毎年、大鹿村住民、出身者、大鹿村ファンの方々が入り混じって楽しみます。

この花火は村内外の個人や企業からのご寄付で上げられます。

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、企画発足当時からのメンバーで東京支部代表の陶山冬樹さんと合同で
ここ数年、毎年花火を上げさせていただいています。
玉名はいつも陶山さんに考えていただいています。

なんと、

今年は玉名賞をいただきました。やったー!おめでとうございました。

「大鹿の豊かな自然 美しき田畑よ 永遠に! 」

寄せていた思いに恥じない村をつくっていきたいと思います。

玉名賞を受けて、村から陶山さんがインタビューをうけましたので以下に全文を掲載させていただきます。

Q1、どんなお気持ちで玉名を考えられたのですか?

20数年前 大鹿村にゆかりのある友人に連れられて訪れました。

大好きな南アルプスの勇姿 美しく手入れされた田圃や畑 、歴史ある佇まいの神社。
なにより豊かな自然とあたたかく迎えてくださる村の方々、
心の凝りが ゆっくり ゆっくりほぐれていくような……以来、
大鹿村は私とパートナーの 心の故郷になりました。
そんな故郷にここ数年 きな臭い開発の手が
忍び寄って来ている事を聞き いても立ってもいられず、大鹿村には変わって欲しく無い。
今の美しい村のままでいて欲しいとの思いを玉名に込めました。
村外者の我儘かも知れませんが
私たちの大好きな大鹿村を大切に守って頂きたいです。

Q2玉名賞を受賞しての感想をお聞かせください。
思いがけない受賞にびっくりしましたが
本当に嬉しく思います。
ありがとうございました。
頂いた副賞は 滞在中に使いきります。

トウモロコシの出荷が始まりました

20160802_photo01里に下ってみれば、トウモロコシの出荷が始まっていました。
この時期はサルとの攻防が日夜繰り広げられます。

「どーせ、サルにやられるで早く出荷する」

と、浜中千鶴さん。
とっても甘いトウモロコシなのでサルも一生懸命なのはわかります。

「いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では2級品をお送りさせていただいています。それでもとっても甘いトウモロコシです。

さて、サルとの攻防戦を勝ち抜いたトウモロコシはあなたの口に届くのか?!

大鹿もったいない野菜 都内取り扱い店のご紹介

20160714_photo01いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、
もったいない地元の野菜を会員制で個配させていただいています。

東京都内のお店にもお送りしています。

三輪亭」 イタリア・チロル料理専門店
長男堂」 弁当・惣菜 こっそり食堂・喫茶
たいやきそら」 大鹿村のイチゴのソースのかき氷が人気☆
パリの朝市」 伊那谷の鮎もお送りしています。

スズアカネとサマープリンセス

20160626_photo01もったいない野菜ゲリラ便「いつでも送っていいよ大作戦in大鹿

地元もおばちゃん、おじちゃんたちが手塩にかけて育てたお野菜を個配中

現在、お送りしているのはスズアカネとサマープリンセスの混合です。
市場に出回らないもったいないイチゴちゃんたち。
コンテナ奥がのつやっとしているのがサマープリンセス。
手前がスズアカネ。

Jamにしたり、お砂糖まぶしてそのまま冷凍後に入れて。
夏のおやつにしてみてください。

キャベツ農園

村一軒の養蚕農家 紙谷正さんの畑があっという間にキャベツ農園になりました。そしてその次に控えているのはおナスさんたちです。
もりもりいただいて元気に過ごしましょう。

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」で発送しているほか、お持ち帰り野菜として、お泊りの方にもご提供中。

お帰りの前日までにお声をおかけください。翌朝ご用意いたします。

お蚕さま見学ツアー実施

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では大鹿村の季節のもったいない野菜をファウンド形式で個配させていただいています。

会員さまが大鹿村を訪れるタイミングでニーズがあれば見学会を随時コーディネートさせていただいています。

今日は東京会員のN様ご家族を蚕さまツアーとブルーべリーの摘み取り体験にご案内。

村一軒の養蚕農家の紙谷正さん(90)の養蚕場ではお蚕様が続々上族中。
お蚕さまの触感のひんやり加減を楽しまれたり、育成過程に興味深々のご様子でした。

また「毎月送られてくるあの野菜たちはここからくる!」という畑の現場も見学していただくことができました。

明日はたっぷりとお野菜をお持ち帰りいただきます♪

大鹿元気野菜はいかが?

20160617_photo01オオシカ谷で夏野菜が元気に育っています。
地元のおじちゃん、おばちゃんたちが育てた野菜です。

大鹿村の思い出とともにオオシカ谷に育まれた元気野菜たちをお持ち帰りいただけます。

お帰りになる前夜までに
スタッフに「持ち帰り野菜を・・・」一声お声掛けいただければ、翌日に
お持ち帰り用のお野菜を手配させていただきます。

ひとはこ 1800円

※大鹿元気野菜です。
泥付き、形はそろいません。たまに虫がついてくる野菜たちですが味と安心・安全が売りです。

写真は一例です。季節の旬のおいしい野菜を選別してまいります。お任せください。

今日の初もの

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、地域のもったいない野菜をお送りさせていただいています。

基本的に、畑で育つ野菜たちの成長度合いと農家さんの都合で発送している「もったいないゲリラ便」です。

その分、採れたて、旬のものをあなたにお届けすることができます。

本日お届けの今季の初発送は、紙谷正さんのブロッコリーと、北島千良穂さんのスズアカネというイチゴ。

他にも、蕪や大根、水菜、春菊、エンドウ、玉ねぎなど種類豊富。

注:発送する内容は毎回変動しています。あらかじめご了承ください。

みどりのゆび☆大作戦 フィールドより

20160605_photo01農業未経験者が村の休耕田、耕作放棄地にどれだけ貢献できるかという実験企画
みどりのゆび☆大作戦
今年も2枚の田んぼの田植えを終えました。

が、

周りの農家さんのアドバイスもあり、初年度からやっていた田んぼ1枚を今年は休ませることにしました。

というのも、昨年「いもち病」にかかる範囲が広がってしまったため、その拡大を防ぐため、水を引くのをやめて1枚はすでに大豆を植えておきました。