カテゴリー別アーカイブ: 大鹿村

「大鹿の十年先を変える会」の会報誌「越路(こしじ)」4号が発行されました

大鹿発・ミニコミ誌「越路(こしじ)」の4号が発刊されました。

越路は「大鹿の十年先を変える会」の会報です。

右馬允にて購読することができる他、年間購読の受付けも可能です。

今号のコンテンツ
・大鹿村リニア災害の徹底した原因究明とリニア関連工事の即時中止を求める共同声明 賛同団体(56団体)とメッセージ紹介
・もっと身近に頼れる場所を 山本るる子
・伊那谷スケッチ 第34号「イヌワシ体験記」 前島 久美
・大鹿村村長はリニア不正についてどんな考え? ~村長に手紙をだしてみたよ~
・「H.Eドーントの赤石岳登山 第4回」風戸治(訳)中川 豊(訳注)
・「転がる石には苔生さず4」 難波 広
・ナカジマくん 大橋 奈穂子
・たらたらと読み切り144「犯人はだれだ」 宗像充
・「とおせんぼ」(リニア情報)なとりゆみ

「大鹿の十年先を変える会」の理念は「リニア新幹線失敗の早期実現/自分たちのことは自分たちが決める/山と里、街と村、人と自然のいい関係」です。

「越路」は「大鹿の十年先を変える会」への完全カンパ・投げ銭方式で運営されます。ご協力をお願い致します。

編集・出版:大鹿の十年先を変える会
発行責任者:宗像充(長野県大鹿村大河原2208)
電話:0265-39-2067
mail:munakatami@gmail.com

凍み大根を仕込みました

寒冷地の保存食、「凍み大根」を仕込みました。
毎年、大寒の前後に浜中千鶴さんの家で仕込むのが恒例となっています。
今日は比較的穏やかな日。
背中にお日様を背負って、水場の作業に勤しみました。
越冬大根をゆでてから干します。
大根は寒さで凍ったり、溶けたりを繰り返しながら
やがて乾燥します。

凍み大根は、2月3月の右馬允の食材となります。

お楽しみに。

冬の造形

山奥の氷結した造形を探して
冬のフィールドをうろうろしました。

谷のどん詰まりには見事なシャンデリア。

ここのところ暖かかったので、薄目の氷でしたが
また寒さが増せば氷結は成長しそうです。

比較的暖かい日の遡行になったので、
鳥のさえずりや、獣の気配もして
なんだか春の山の気配がしました。
しかしまた寒くなりますね。

また、しんと静まり返った山に戻るのでしょう。

2月、3月千葉県松戸市、池袋で『リニア新幹線の今』をお伝えします

「リニア中央新幹線を考える
~今、信州・大鹿村で起きていること~」講演会のお知らせ

最近、談合で問題になっているリニア中央新幹線、今どのような状況かご存知でしょうか?

リニアが通る長野県の南アルプスの麓にある大鹿村で、リニアに反対している前島久美が大鹿村で何が起きているのか参考資料の映像とともに、ご報告します。

お近くの方は是非お出かけください。

【コンテンツ】
・着工までの流れがご覧いただけるドキュメンタリー上映(45分)
・大鹿村からの報告 前島久美(15分)  
・質疑応答 他 

【日程】
①松戸
2018年2月25日(日)15:00~16:45
会場:サンヨーホーム3階会議室(千葉県松戸市日暮399-22)
[詳細はこちら]

②池袋
2018年3月4日(日)15:00~16:45
会場:がんばれ!子供村ビル4階研修室(豊島区雑司ヶ谷3-12-9)
[詳細はこちら]

松川インター大鹿線(小渋線)の復旧めどについて

12月15日に発生した県道松川インター大鹿線(小渋線)のトンネル新設付近における崩落について、昨日JR東海より原因及び道路の応急復旧計画について記者会見がありました。

記者会見によると原因は、現在も調査中とのことですが、トンネル工事における発破などによる振動が繰り返し作用したことにより、トンネル直上の山地が緩み、崩壊したとの見方を示しています。

年内に応急復旧予定ということです。

引き続き、迂回道の岩洞(県道22号松川大鹿線)を通行してください。
大型車のみ時間一方通行の規制中です。

※詳細はこちらをご参照ください

県道について問い合わせなどは長野県飯田建設事務所
電話(代)0265-23-1111 内線2630 まで

参考:2017年12月19、20日付けWEDニュース
   2017年12月19日公表の原因及び応急復旧計画

県道松川インター大鹿線 通行止めと迂回路のお知らせ

12月15日小渋線(県道松川インター大鹿線)が土砂崩落のため通行止めとなりました。16日現在、原因の究明をおこなっております。復旧めどはたっていません。

松川方面より大鹿村へは岩洞(がんどう)(県道22号松川大鹿線)をご利用ください。大型車の通行も継続するそうです。

観光協会から送付がありました大型車が通行する時間帯のお知らせを添付いたしますので大鹿村にお越しになるお客様はご参考下さい。
※大型車の通行時間についてはこちら

岩洞は、道幅が狭く、カーブの多い峠道です。
大変ご迷惑をおかけしますがお気をつけてお越し下さい。

大鹿発のミニコミ誌「越路(こしじ)」3号発刊のお知らせ

大鹿発・ミニコミ誌「越路(こしじ)」の3号が発刊されました。

越路は「大鹿の十年先を変える会」の会報です。

右馬允にて購読することができる他、年間購読の受付けも可能です。

今号のコンテンツ
・「私たちの村にリニア新幹線が建設されるということ」
 壬生真由美
・「絵鳩毅さんを通じて学び、受け継いでいくもの」
 倉形亮・玲子
・「転がる石には苔生さず3」 難波広
・「弔辞とネクタイ」 村上ラッパ
・伊那谷スケッチ第33号
 「リニアで廃業 中村養魚場の仕事」 前島久美
・「H.Eドーントの赤石岳登山第3回」
 風戸治(訳)中川豊(訳注)
・「自然破壊と生活破壊のリニア建設、国と企業の横暴に怒り!」
 木下孝尚
・たらたらと読み切り143「カワウソ探検記」 宗像充
・「とおせんぼ」(リニア情報)
大鹿の十年先を変える会の理念は「リニア新幹線失敗の早期実現/自分たちのことは自分たちが決める/山と里、街と村、人と自然のいい関係」です。

「越路」は大鹿の十年先を変える会への完全カンパ・投げ銭方式で運営されます。ご協力をお願い致します。

編集・出版 大鹿の十年先を変える会

発行責任者 宗像充(長野県大鹿村大河原2208)

電話:0265-39-2067
mail:munakatami@gmail.com

大鹿発のミニコミ誌「越路(こしじ)」2号発刊のお知らせ

大鹿発・ミニコミ誌「越路(こしじ)」の2号が発刊されました。
越路は「大鹿の十年先を変える会」の会報です。
右馬允にて購読することができる他、年間購読の受付けも可能です。

今号のコンテンツ
・リニアで南アルプスを壊さないで 現地集会に参加して 竹本幸造
・伊那谷スケッチ第32号 前島久美
・転がる石には苔生さず2 難波広
・H.Eドーントの赤石岳登山第2回
・看板奮闘記 宗像充
・会計報告とメッセージ紹介
・とおせんぼ(リニア情報)

大鹿の十年先を変える会の理念は「リニア新幹線失敗の早期実現/自分たちのことは自分たちが決める/山と里、街と村、人と自然のいい関係」です。

「越路」は大鹿の十年先を変える会への完全カンパ・投げ銭方式で運営されます。ご協力をお願い致します。

編集・出版 大鹿の十年先を変える会

発行責任者 宗像充(長野県大鹿村大河原2208)

電話:0265-39-2067
mail:munakatami@gmail.com

庭の栗が落ち始めました

白菜の苗の植え替えの時期にちょうど雨が降っています。
稲にとっては少し控えめに降ってほしいこの時期の雨ですが、
山のキノコの生育状況を想像するには
いい雨です。

秋の裏腹な雨模様。

右馬允の栗の実が落ち始めました。
秋の定番お茶請け「茶巾絞り」のシーズンスタートです。

お楽しみに♪