カテゴリー別アーカイブ: 大鹿村

【イベント紹介】リニア新幹線反対!デモと集会

大鹿村の豊かな食材、静かな環境を守りたいという思いから、右馬允はこのイベントに賛同します。

春だ、中止だ、リニアいらない!

リニア新幹線反対!デモと集会 チラシはこちら

2027年の開業のため、JR東海が進めるリニア中央新幹線建設。

「いいものが来るから」と進められてきた大型公共事業。影響は甚大です。

長野県駅や工事予定地、残土置き場予定地周辺では住民の移転や生活環境悪化が起きています。長期の工事でアクセスが困難になり、トンネル掘削による乾燥化は国立公園南アルプスの自然を脅します。

始まった工事は止められない? 静岡県では5年も工事が進まず、大鹿村の工事も3年の遅れ。残土処分場も見つかりません。誰が「2027年開業」を信じているのでしょう? できるかどうかわからない工事に協力する意味は?

「私たちも本当は反対だった」

美しい伊那谷の自然と景観、静かな暮らしが失われたとき、後からそう言ってもはじまりません。

だから今言いましょう。「私たちの未来にリニアはいらない」

集会「世界級の自然破壊、リニアはいらない」

  • 日時 4月19日(日)12:30開場13:00開始~15:00
  • 場所 飯田市勤労者福祉センター第1・2視聴覚室

〇講演 猪熊隆之さん

「山岳気象予報士から見た南アルプスの登山と自然」

プロフィール 山岳気象予報士。国立登山研修所の講師・専門調査員、中央大学山岳部の監督。2011年には日本初となる山岳専門の気象会社ヤマテンを茅野市に設立。チョムカンリ、エベレスト西稜ほか世界の高峰に登る。

〇発言

成瀬陽一さん(渓谷探検家、黄柳野高校教員)「自然体験授業〈グレートアース〉が見た南アルプスの変貌」/前島久美さん(旅舎右馬允、大鹿の十年先を変える会)「谷(大鹿村)に立ちこめるリニアファシズム」ほか、沿線レポート、東京、大阪からの参加者発言

★終了後デモ出発15:30~

主催 長野県でリニアに反対する会 (仮)
TEL 0265-39-2067(宗像)

*適宜情報を集め新型コロナウィルスの感染予防に努めます。開催の変更等についてはブログ「南アルプスモニター」でお知らせします。

【物販】「南アルプスの未来にリニアはいらない」いもむしセット販売してます。

「南アルプスの未来にリニアはいらない」
大鹿の十年先を変える会会報誌越路の表紙画いもむし達がハガキになりました!

右馬允の店頭にて販売しています。

いもむしハガキチラシ

「南アルプスの未来にリニアはいらない」〜いもむし編〜は、大鹿の十年先を変える会の会費の一部や、カンパで作成しました。会員の方には1部謹呈させていただきます。
「いもむしハガキセット」の売り上げの一部は「リニア反対活動」に充てられます。購入ご希望の方は前島までご連絡ください。

●1セット 500円(送料別途)

私は、「いもむし」という生き物の形態を愛して止まない。特に蛾の幼虫である彼らを好む。その多くは蛹を経てやがて蛾や蝶になる。これほどキレイに毛束をそろえる必要があるのだろうかと思う、エメラルド色の毛を密生させるヒメヤママユ。 刺激すると「キュウ」と鳴くウスタビガ。頭を引っ込め胸を膨らませる様相は猛蛇の風格、ベニスズメ。綿菓子のようなものをふわふわと身にまとうアゲハモドキ。「いったいどうして、なんのため?」と思わずにはいられないそのユニーク過ぎる造形や生活スタイルは人を驚かせ、時に生理的嫌悪感を抱かせるのかもしれない。でも、あの小さなカラダにどれだけの生態系進化の奇跡が凝らされているのだろうか。実に多彩な容姿の裏側には3000万年の叡智が潜んでいるのだ。   (前島 久美)

企画 大鹿の十年先を変える会
ハガキプロジェクト実行担当 前島久美
連絡先:kumi.maejima@gmail.com

山桜の淡いピンク

今年は桜の開花が早いですね。

山のなかでも山桜の淡いピンクが目につくようになりました。

春は里から山の上へと季節が駆け上がります。

そんな風景を大鹿の深い谷でお楽しみください。

キラメキの新芽

季節が巡り新しい気持ちで、接する事の出来る食材が山の菜たちです。

どれもきらめいていて愛おしい。

そんな気持ちで存分に調理させていただいています。

ノカンゾウ、ハナウド、ヨモギ、ユキノシタ、フキノトウ、ノビル、シュンラン。

季節は確実に巡ってくるものです。 早春の息吹をお楽しみください。

山の光

山にダンコウバイの黄色が目につき始めました。

春の光のような黄色がこの季節の味わいです。

大地もむくむく、山もざわざわ、日に日に賑やかになっていきます。

【買ってね!】大鹿の十年先を変える会の会報誌 「越路」15号が発刊されました。

越路(こしじ)は「大鹿の十年先を変える会hの会報誌です。

右馬允にて購読することができる他、年間購読の受付けも可能です。深く「むら」に触れてみたい方へ、滞在中の余暇におすすめ。コアな情報は越路でキャッチ。 

■今号のコンテンツ(表紙画モデル: オオノコメエダシャク)

・黄柳野(つげの)高校グレートアース リニア新幹線の光と影を学ぶ会 池田さちえ
・三伏峠ーその名前の由来ー 風戸 治
・大鹿村のコケ3 2018年燕岩調査で確認されたコケ植物 井上侑哉 (広島大学 服部植物研究所)
・南アルプスにリニアはいらない! 米山義盛 (松川町)
・「伊那谷スケッチ ~自然と文化を巡るふるさと再発見~ 第45回 」 前島 久美 
・「転がる石には苔生さず その15」 難波 広
・「府中市長選挙のはなし」 村上らっぱ
・「たらたらと読み切り155 大分の二度泣き」 宗像 充 
・2019年度会計報告&「とおせんぼ」(リニア情報)宗像充

「大鹿の十年先を変える会」の理念は「自分たちのことは自分たちが決める/山と里、街と村、人と自然のいい関係/リニア新幹線失敗の早期実現」です。
「越路」は「大鹿の十年先を変える会」への完全カンパ・投げ銭方式で運営されます。
ご協力をお願い致します。 

——————————
編集・出版:大鹿の十年先を変える会
発行責任者:宗像 充(長野県大鹿村大河原2208)
電話:0265-39-2067
mail:munakatami@gmail.com
——————————

【新作反リニアグッズcomingsoon】「南アルプスの未来にリニアはいらない」ハガキ〜いもむし編〜作りました

「南アルプスの未来にリニアはいらない」〜いもむし編〜と題してハガキセットを作成しました。

いもむしのイラストは、「大鹿の十年先を変える会」会報誌「越路」の表紙になったいもむし達から厳選しました。

カラフルないもむし達のフォルムが楽しめる7枚セットです。売り上げの一部は会の「リニア反対活動」に当てられます。※送料別途

まもなく、リニア反対イベントや村内関係店舗で販売予定。

販売協力も受け付けています。

◆単価 500円(税込み)

◆コンテンツ いもむしハガキ7枚 + リニアと大鹿村の説明 + 封筒

——————————

企画:大鹿の十年先を変える会

ハガキプロジェクト実行担当:前島久美(長野県大鹿村大河原2208)

問い合わせ先:0265-39-2067 mail:kumi.maejima@gmail.com

——————————

【イベント情報】相模原湖でリニア工事の現状について報告します

前島久美が大鹿村でのリニア工事について報告させていただきます。

メインテーマは「排出土」と「言論弾圧事件」

新作リニア反対グッズと村公認禁句本「南アルプスの未来にリニアはいらない」を引っさげてお伺いします。

お近くの方は是非ご参加ください。

期日 2020年3月29日(日)14:00〜(会場13:30)

場所 相模原湖交流センター2階 研修室(JR中央本線相模原湖駅 徒歩10分)

資料代 500円

主催 リニア新幹線を考える相模原連絡会

詳細はこちら

【旬の食材情報】季節の地の食材を使ったお料理は右馬允

お日様の光に恵まれる日中はあたたかい大鹿村です。

季節の地の食材を使った右馬允のお料理は、

土の下から春を掘り出してお届けしています。

今日は、フキノトウ、ハナウド、つくし。

信州の保存食、凍み大根を使った一品もこの時期ならではですね。

近年の温暖化の影響か、思いもしない食材が飛び込んでくる昨今です。

木の芽時はまだまだこれからですが季節の進み具合によって、くじ引きのように

「予期せぬ食材」に出会う事も楽しみどころです。

右馬允のお料理は宿泊のご予約をおとりになってお楽しみください。

ご予約はお電話のみでお受けしています。

電話 0265ー39ー2037

※電話受付を設けているわけではありません

※不在の場合は、申し訳ありませんが時間帯(もしくは日を改めて)などを変えてご連絡ください。

※朝7:00〜 9:00は比較的でやすい傾向です。

※2020年の会食のご予約は承っておりません。予めご了承ください。

但し2019年中にご予約を承った分はその限りではありません。

雪の朝

雪の朝はいつもに増して「静けさの深さ」が違う。

いつもより一段と静まり返って

朝目覚めた時に「あ、今朝は雪だ」と思う。

そんな日は、もう一度静けさのなかにまどろみをたゆたう。

一方で大鹿村の働きものたちは、朝も開けぬころから雪かきに余念がない。

この感性のギャップをどのように埋めるべきか、悩ましい…と、思いながら。