カテゴリー別アーカイブ: 旅舎右馬允

【お知らせ】右馬允から営業状況についてのお知らせ

日頃は右馬允をご利用いただきありがとうございます。

右馬允の営業は、現在「宿泊のみ」となっています。

右馬允のお食事は宿泊のご予約をお取りになってお楽しみください。

右馬允では感染予防対策として、

最大6名様までのご利用とさせていただいています。

通常通り、2組様お受けはしておりますが、

定員に達した時点で満室とさせていただいております。

夏休みなど長期休暇の家族旅行の計画はお早めにおたてください。

引き続き感染予防対策にご協力ください。

ランチなど会食のお店をお探しの方は

高森町のフランスレストラン「ス ジュシール」をおすすめいたします。

ランチ・ディナー それぞれ3組まで要予約です。よろしければご利用ください。

【降雨影響】道路状況をご確認ください

昨日一晩で7月分の降雨量が降った大鹿村。

自宅前の坂道は昨年の台風の時と同じように川になりましたがお陰さまで浸水はありませんでした。

村内至る所で不通が発生しています。今のところ主要道は通行でき生活への大きな影響は出ていません。

とはいっても、地質的に脆弱な地域ですので予断は許しません。

今後も雨の続く日が予想されますので、道路状況は最新情報をチェックし、

お出かけの際は十分ご注意くさい。

村内最新情報は以下からご確認ください


◆ 大鹿村役場:http://www.vill.ooshika.nagano.jp

◆飯田下伊那郡 道路状況 飯田建設事務所:https://www.pref.nagano.lg.jp/iidaken/

【風景】ラベンダーのかほりの不思議

今年もCさんの庭でラベンダーが美しい紫をまとい始めました。

つぼみの時に刈り入れて部屋に吊るすのが好きです。

現在、自宅に昨年のラベンダーがありますが、不思議と花咲く頃に

また香りが部屋で漂い始めるのです。湿度の影響もあるのでしょうが、おもしろいなあと思います。

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」の『季節のおまけ』(※)シリーズは暫く C さんのラベンダーをお入れしています。

※「季節のおまけ」シリーズは、動力がカタチになったものを季節ごと、事務局の感性でお入れしています。 なにが「おまけ」としてお手元に届くかはお楽しみ♪

【宿泊オプション】ヨガの時間をご提供中

右馬允での宿泊やランチのご予約にヨガクラスを加えてみませんか?
リフレッシュした後の景色やお食事は、いつもと一味違うかもしれません。

右馬允をご利用の方に限り、ヨガクラスを、お一人様1500円にてご提供させていただきます。

ヨガクラスご希望の際は、ご予約時にお申し出ください。
1名~6名様までご利用可能なスペースです。

ヨガの性質上、お食事の前のみの施術となります。

以下、おすすめプランです。

<プラン1>【宿泊 + ヨガ】 
AM 6:00 ~ 朝ヨガ(約60分)
AM 7:10 ~ お風呂 
AM 8:10 ~ 朝食 
AM 10:00 ~ チェックアウト

※お客様の日程によりお泊りの当日チェックイン前の受講も可能です。

<プラン2>【ヨガ + ランチ】
AM 10:30 ~ ヨガ(約75分)
PM 12:00 ~ ランチ

ヨガは性別、年齢、怪我や病気の有無に関係なく、どなたでも行うことができます。右馬允のご予約時にご希望の日程をスタッフにお伝えください。

講師のスケジュールと調整し、後日ご連絡させていただきます。
もしくは、「いもむしクラブ」kumi.maejma@gmail.comへお問い合わせ下さい。

[講師:前島 久美]
2012年より、ヨガをシェアする。
機能改善ヨガ指導士
全米ヨガアライアンス200時間修了

2016年よりヨガ教室「いもむしクラブ」を主宰

注:写真はイメージです。田んぼの中でやるヨガではありません。

【自然観察】モリアオガエルorシュレーゲルアオガエル?

右馬允の玄関先に現れたカエル。

この存在感!

吸盤と目の感じと・・・絶対モリアオガエル!

と思いながら、シュレーゲルちゃんの可能性もあるのか…

判別は目の白目の部分の色彩で見分けるという。

前者は白目が赤、後者が金色という。

それで、玄関先のこは 

金色といえば金色だけど

重厚感のある金色なので、赤いともいえるのかもしれない。

やっぱり、モリアオガエルかな!

初めて出会う吸盤の感触をひたすら楽しみました。

夕方確認をしたらまだ雨宿りをしていました。

すっかり皮膚の色もサッシの色に近づいていました。

【狩猟】鮎の友釣り

今日は撮影担当で、允(まこと)のアユかけ業務に同行しました。
釣り情報によればO川の状態が良好とのこと。
当初の予定を変えて少し足を伸ばしました。

情報は大当たりで、鮎が食べるコケもいい感じに育っています。
キレイな川で育つ鮎は美しく、允は始終興奮気味。
しばらくO川詰めになりそうな気配です。

夕方までみっちりやりました。釣果は30匹以上40匹未満。
まあまあの出来でした。

この鮎たちは、右馬允の鮎料理でお楽しみいただけます。
右馬允の鮎は、全て自家調達です。猟師・調理人のスタッフ達が腕によりをかけてご提供中です。