カテゴリー別アーカイブ: 旅舎右馬允

冬季 ランチ営業休業についてのお知らせ

日頃は右馬允のランチをご利用いただき誠にありがとうございます。
冬季ランチ営業休業のお知らせです。

2017年12月から2018年2月末日までスタッフ研修のため
「手打ちうどん屋」「コースランチ」の営業をお休みさせていただきます。
よって冬季の右馬允の営業はご宿泊のみとなります。

冬のジビエ、小渋ダム産ワカサギ、大鹿野菜を使った
右馬允のお料理は「ご宿泊」のスケジュールを組んでお楽しみください。

尚、2018年3月よりランチの通常営業を再開します。
手打ちうどん屋(800円税別~)
コースランチ(4000円税別~)それぞれ完全予約制となります。
前日までのご予約でご利用ください。

3月以降のランチのご予約は2月20日ごろから承ります。
お電話でご予約ください。0265-39-2037

2階からの紅葉

庭の黄色いモミジが今年も色づきはじめました。
ここ1週間雨が降り続いていて、しっとりと濡れています。

まもなく里にも霜が降りる頃となります。
右馬允へお出かけの際は、暖かくしてお出かけください。
日中日差しのもとは暖かいですが、日本家屋は冷えます。
体温調節可能な着重ねスタイルがおすすめです。

カメムシからお便りが届きました

日に日に寒さが増してまいりました。
軒下には大根がつるされ、田んぼでは脱穀がはじまりました。
人も冬支度。そして昆虫たちも寒さに備えて大移動中。
そんな中、カメムシ君からお便りが届きました。

————————————————————————————
こんにちは。ようこそ! 信州 右馬允へ。

あなたがこのお部屋で見かけるぼくたち、
カメムシたちの多くは「クサギカメムシ」という種類です。

現在、ぼくたちは冬を越すために、大移動の最中です。
右馬允のような古い日本家屋は隙間がいたるところにあるので、入りやすいのです。

あなたの滞在中、これでもかってくらい、
いろいろな所でぼくたちを見つけてしまうかもしれません。
けれど、こわがらないで。

ぼくらは、ただ移動しているだけなんだ。また春が来たら外にでていくよ。

だから、つかまえようとせず、そっとしておいてくれると嬉しいな。

もし、あなたが力づくでつかまえようとすると、
臭い液を体から出してお部屋が臭くなっちゃうかもしれないよ。

虫が苦手なひとはぼくたちを外につまみ出そうとするけれど、仲間はたくさんいるんだ。

この季節は、ぼくたちを空気と同じような存在として感じてもらえるとうれしいな。
ほら、空気はつかまえて外に出したりしないように、ただそこにあるだけなんだ。

このオオシカ谷にはたくさんのいろいろな生き物たちがいるよ。

みんなそれぞれが、ここで生きていく力を前の世代から受け継いでいるんだ。

そんなチカラを感じていってほしいな。
————————————————————————————

庭の栗が落ち始めました

白菜の苗の植え替えの時期にちょうど雨が降っています。
稲にとっては少し控えめに降ってほしいこの時期の雨ですが、
山のキノコの生育状況を想像するには
いい雨です。

秋の裏腹な雨模様。

右馬允の栗の実が落ち始めました。
秋の定番お茶請け「茶巾絞り」のシーズンスタートです。

お楽しみに♪

右馬允から食材についてのお知らせ

右馬允から食材に関するお知らせです。

右馬允の定番食材のアマゴや岩魚が10月末日をもって
お出しできなくなります。

仕入れ先の中村養魚場は、リニアの変電施設予定地となるため

10月末を持って廃業となります。
そのため、右馬允の定番メニューであった
アマゴや岩魚の一夜干しやお造りがお出しできなくなります。

長らく、清らかな清流を届けてくれた大地と
その清流を存分に活かし美味しい魚を
育ててくださった中村さんに感謝いたします。

尚、中村養魚さんの岩魚、アマゴは10月末日まで
御宿泊ディナー、ランチのコース4000円~(税別)でお出ししています。

山のキノコマーケット情報

雨が降って、そこそこ低温。
肌で感じる気配を感じて少し山に分け入ってみたりしています。

今日はタマゴタケ、チチタケ、ヤマドリタケ、アンズタケが収穫できました。
今年のキノコ達はどんな感じで収穫させてもらえるでしょうか・・・・

楽しみなシーズンが始まります♪
気になるキノコについて詳しくはお気軽にお問い合わせください。
TEL: 0265-39-2037

【イベント告知】8月5日、6日は登山者大集合!夏の注目!イベント情報


『リニアで南アルプスを壊さないで』大鹿村現地集会開催のお知らせです。
【開催日:2017年8月5日(土)~6日(日)】
   
どなたでもご参加可能です。
※イベントPDFはこちらから

イベントの詳しい内容は下記をご覧ください。

『リニアで南アルプスを壊さないで』大鹿村現地集会
【開催日:2017年8月5日(土)~6日(日)】

4月27日、長野県大鹿村で、JR東海はリニア中央新幹線の南アルプストンネルの掘削を開始しました。
南アルプストンネルの掘削は、山梨県側早川町での工事着手に続いて2番目です。
「大鹿村だけが反対しても」という声に押されて工事着手を容認した大鹿村。
これから大規模な自然破壊や生活破壊、登山環境の悪化が生じるかもしれません。
しかし、地元自治体の結んだ確認書は紳士協定で、対策は不十分です。
その上、工事認可から3年、静岡県側の工事開始の見通しは不透明で、いまだに長野県内で工事残土の受け入れ先として決定したところはありません。

本当は、「私たちの地域のみが賛成してもリニアは来ない」のではないでしょうか。

「お祖末」「杜撰」な状態で始まった南アルプスの自然破壊。
工事現地はウェストンが1892年に赤石岳を目指したルート周辺に散在します。
当時赤石岳は、富士山に次ぐ高峰とされ、大鹿村は「日本アルプスを目指す村」でした。
住民や私たち登山者はリニアで何を失うのか。
南アルプスを残すために何ができるか。ともに考えましょう。

【第一部 現地集会・交流会】
■日時 2017年8月5日(土)13:30~16:00(開場13:00)
■場所 大鹿村大河原交流センター
(長野県下伊那郡大鹿村大河原391-2)
■参加費 500円
■講演内容
成瀬 陽一(渓谷探検家)さん 「南アルプスの遊び方」
中川 豊(前大鹿村長)さん 「大鹿村を訪れた登山者たち」
聞き手:前島 久美さん(元飯田FMパーソナリティー、SBCスペシャル「残像~リニア新幹線と山の記憶~」に出演)
■報告と意見交換
「リニア非協力のススメ~リニアによらない地域と登山はこう作れ」
協力やめよう!リニア工事/街と村をつなげ!野菜便・援農の取り組み/反リニアグッズを広げよう!/リニア工事を監視しよう!/リニア反対登山者賛同運動他アピール

【第二部 「リニア反対」立看板作りワークショップ】
■日時 2017年8月5日(土)16:30~
■場所 「ディアイーター」前集合 ※新小渋橋のたもとです。
■内容 みんなで反対の立看板を建てます

【第三部 工事現地見学+小河内沢溯行】
■日時 2017年8月6日(日)7:00~
■場所 「ディアイーター」前集合
■内容 成瀬さんとともに、工事現場を通過し、渇水期には8割水量が減るとされる小河内沢を溯行します。徒渉のある沢登りです。
渓流タビなどの足回りが必要。往復8時間程度です。

——————
主催:「リニア新幹線を考える登山者の会」
TEL:13-3752-4717(治療院「結」)

協力:「大鹿の十年先を変える会」
TEL:0265-39-2067(宗像)・飯田リニアを考える会
——————
——————
■発言者プロフィール

成瀬 陽一
1962年、愛知県豊田市生まれ。
国内のみならず台湾や中国大陸奥地、インド洋のレユニオン島など、世界各地の渓谷に足跡を残す。
南アルプス山麓水窪町大嵐で不登校の子どもたちが集まるフリースクールに参加。
現在は愛知県新城市の黄柳野高校勤務。理科・グレートアース担当。

中川 豊
1936年、大鹿村生まれ。大鹿村役場に奉職後、教育長、村長を歴任。
村史編纂に従事したほか、南アルプス国立公園登録、
「日本でもっとも美しい村連合」加盟に尽力。
赤石岳登山で大鹿村を訪れた外国人登山家の来歴を発掘し、H.E.ドーントの登山記の脚注を手がける。128回、赤石岳に登っている。
——————

※宿泊予定の方は各自でご手配ください。
大鹿村観光協会、または村役場ホームページにて宿泊施設を紹介しています。
キャンプ場は大池高原、鳥が池の二カ所にあります。(村中心部からは車で40分程度)

※大鹿村は中央高速松川インターから車で40分程度です。
東京新宿、名古屋、大阪、長野から高速バスが出ています。
松川インター前にレンタカー(KJレンタカー)あり。
村営バスは伊那大島駅から1日4便です。

7月の休業日のお知らせ

日頃は右馬允をご利用いただき誠にありがとうございます。

右馬允 7月の休業日のお知らせです。

以下の日程で館内調整のため休業いたします。

【7月の休業日】7月5日~6日

大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※夏休み期間中のランチ及び宿泊は込み合う可能性がございますのでお早目のご予約をお勧めいたします。お盆休み期間は、すでに満室、満席の日にちもありますので詳しくはお問い合わせください。

ご予約、お問い合わせは0265-39-2037まで。

大鹿村が舞台となったドラマ・ドキュメンタリーをご鑑賞いただけます


右馬允の朝食時にDVDの鑑賞が可能です。

大鹿村が舞台となったドラマやドキュメンタリーがお楽しみいただけます。
ご希望の方はスタッフにお申し出ください。
いずれの番組も約60分程度で朝食時に合わせるのにお手頃な時間です。

以下3つの作品をご紹介。

★おすすめ1★ ドラマ「オシャシャのシャン!」

2008年全国放送

大鹿村の歌舞伎が題材の喜劇ドラマ。
俳優の原田芳雄さんが大鹿村との交流を始めるきっかけとなった作品。
オール大鹿村ロケ。劇中では「大鹿村」の名前は出てこないが、
大鹿村の歌舞伎のルーツや背景がよく取材され反映されているドラマ。
村役者もエキストラで出演。

★おすすめ2★ ドキュメンタリー「残像~リニア新幹線と山の記憶~」

2017年5月24日県内放送 SBCスペシャル 

「えっ?!大鹿村が一大工事現場になるってホント?」
リニア中央新幹線事業について知りたいひと向け

以下SBCの番組HPから抜粋
———
東京と大阪を1時間余りで結ぶリニア中央新幹線は、2027年の東京・名古屋間の開業をめざし、長野県内でも着工した。県内最大の工事現場となる大鹿村では、10年に及ぶ工事に期待する声がある一方で、自然環境への影響、掘削に伴う残土置場と運搬車両による生活被害などが懸念されている。

前島久美さん(35)は、大鹿村に生まれ育ち、一度は村を離れたが、9年ほど前に帰郷し、両親が営む旅館を手伝っている。南アルプスの麓で山とともに暮らしを成り立たせてきた自分たちの村が、リニアの工事現場になると知ったのは2010年。豊かな自然と静かな生活が損なわれることに心を痛めていた。

前島さんが人生の師と仰ぐ紙谷正さん(92)は、村で一軒の養蚕農家。山を敬い、土に生きる、この村で昔から変らない暮らしを続けている。「リニアはようわからん」、そうつぶやいて、黙々と野良仕事に励む。

大都市を結ぶ“夢の超特急”は、南アルプスの村にどのような影響を及ぼすのか。自然と共に生きる人々の営みや、着工までの動きを追いながら検証する。
———

★おすすめ3★ ドキュメンタリー「南アルプス讃歌」

1992年全国放送

右馬允の家族と南アルプスの四季を1年間追った作品。

南アルプスの厳しさと、美しさをのどかにご覧いただけると同時に右馬允の新旧を感じられる作品。長年右馬允をご利用いただいている方には懐かしい映像。