カテゴリー別アーカイブ: 旅舎右馬允

【食材情報】山のキノコがピークです

山のキノコ祭り最盛期です。
年々季節がやや前倒し気味に進んでいます。
今年の山の中は、初夏のキノコから晩秋のキノコも一斉にでている感じで、今がピークの印象です。
マツタケも人間界では「豊作」と報道されています。
実際に「今」は良く採れていますが、自然のものなので10月は品薄になる兆しもあります。

おいしいものは美味しいうちに。

右馬允ランチは、10月中頃まで松茸コースのみご予約承り中
松茸料理 25,000円(税別)~ 

ご予約・お問い合わせは、お電話にてお願いいたします。
TEL:0265-39-2037

※表記価格はお一人様
※ご提供期間は松茸の収穫高によって早めに終わる場合があります 
※食材調達の都合上、ご利用日の2、3日前までのお電話でのご予約をお願いいたします。

旬の食材たより

オオシカ谷は、黄金色の稲穂が風に揺れる季節となりました。
山ではいち早く色をつけたヤマボウシの実が赤く色づき、収穫時を教えてくれています。
庭の栗のみが落ち始め、茶巾絞りがお出迎えのお茶菓子になりました。

山の標高の高いところではキノコもお目見え。
現在、チチタケ、ハナガサイクチ、アミタケ、アカヤマドリタケ、サクラシメジ、アンズタケなど収穫しており、キノコの状態をみて美味しくご提供中。

引き続き、右馬允の昼の営業はお休みしております。
右馬允のお料理はご宿泊の予約をお取りになってお楽しみください。(一泊20,000円~)
伊那谷でランチをお探しの方は、高森町のフランス料理店「スジュシール」をお選びいただければ幸いです。

右馬允 8月のお知らせ

オオシカ谷では朝夕の風の涼しさに早くもお盆の気配を感じています。
愛犬の公(こう)は、日中はだれていますが、朝夕は元気を取り戻しています。
だらだら寝そべっていても「かわいい」と言われる彼女がたまらなくうらやましい昨今です。

〜右馬允の食材〜
現在、大鹿産や中川村のあめつち農園さんから入荷する夏野菜をたっぷりと使ったメニューとなります。
比較的出番が多いのは、なす、トマト、夕顔、カボチャ。
ぬか漬けにキュウリは欠かせません。
太陽のエネルギーをいっぱいに受けて育った野菜たちは
どれも美味です。
なごりの食材は、調理人自ら釣ってくる鮎です。
往く友釣りの季節を惜しみつつ来るキノコの秋にざわついております。

〜引き続きランチの全営業お休み中〜
誠に勝手ながら充(あつ)の新店舗「Se jucher(ス ジュシイール)」開店につき、
右馬允のランチ営業はうどん、コース料理共に引き続き【一時休業】させていただいております。
ご迷惑をお掛けいたしており申し訳ございません。
右馬允のお料理はご宿泊の予約をお取りになってご利用ください。
伊那谷でランチをお探しの方は
高森町の「Se jucher(ス ジュシイール)」をお選びいただければ幸いです。
右馬允の宿泊プランと合わせてフランス料理をお楽しみいただくプランもおすすめです。
「Se jucher」は、松川インターから12分程度の立地です。
例えば、右馬允でのご宿泊当日、お昼はスジュシールで
もしくは、宿泊の翌日午前中は大鹿村内を探索していただき
お昼はSe jucherでというプランもご一考ください。

【Se jucher(ス ジュシイール)】
◆ご予約・お問い合わせ TEL:0265-48-9025
◆営業時間
<ランチ>
11:00〜15:00 (L.O. 13:30)
<ディナー>
日曜及び平日(月〜木) 17:30〜21:00 (L.O. 20:00)
金・土曜 17:30〜22:00(L.O. 21:00)
◆定休日:火曜日
◆コース料理:3500円(税別)~
※夜はコース料理以外にアラカルトをご用意しております。
お気軽にワイン1杯からでもお楽しみいただけます。
地元食材中心に厳選した旬の食材を使ったフランス料理をお楽しみいただけます。
20席ほどのこじんまりとしたお店です。
ご予約をいただければ確実にお席をご用意いたします。
是非、信州高森町のス ジュシイールで
自然の恵みを感じながらごゆっくりお過ごし下さい。

オーナー 前島 充 (まえしま あつ)

夏のおすすめプラン

庭のヤマユリが満開です。
日中は大鹿村でもうだるような暑さですが、時折、谷を抜ける風は南アルプスの峰々の涼やかさを運んできてくれます。

さて、誠に勝手ながら充(あつ)の新店舗「Se jucher(ス ジュシイール)」開店につき、右馬允のランチ営業はうどん、コース料理共に一時休業させていただいております。
ご迷惑をお掛けいたしており申し訳ございません。

右馬允のお料理はご宿泊の予約をお取りになってご利用ください。

【ご提案です】
ランチご希望の方にはフランス料理になりますが
高森町の「Se jucher(ス ジュシイール)」をご案内させていただいております。
よろしければ、合わせてご利用ください。

右馬允の宿泊プランと合わせてフランス料理をお楽しみいただくプランもおすすめです。
「Se jucher」は、松川インターから12分程度の立地です。
例えば、右馬允でのご宿泊当日、お昼はスジュシールで
もしくは、宿泊の翌日午前中は大鹿村内を探索していただき
お昼はSe jucherでというプランもご一考ください。

【Se jucher(ス ジュシイール)】
◆ご予約・お問い合わせ TEL:0265-48-9025
◆営業時間
<ランチ>
11:00〜15:00 (L.O. 13:30)
<ディナー>
日曜及び平日(月〜木) 17:30〜21:00 (L.O. 20:00)
金・土曜 17:30〜22:00(L.O. 21:00)
◆定休日:火曜日
◆コース料理:3500円(税別)~
※夜はコース料理以外にアラカルトをご用意しております。
お気軽にワイン1杯からでもお楽しみいただけます。
地元食材中心に厳選した旬の食材を使ったフランス料理をお楽しみいただけます。
20席ほどのこじんまりとしたお店です。
ご予約をいただければ確実にお席をご用意いたします。
是非、信州高森町のス ジュシイールで
自然の恵みを感じながらごゆっくりお過ごし下さい。

オーナー 前島 充 (まえしま あつ)

お料理のアクセントカラーは大鹿谷の自然から調達

右馬允ではお料理の色彩のアクセントに山野草の花びらを使っています。
現在、夏の緑旺盛なオオシカ谷で鮮やかに目に入るのが
ツキミソウの黄色やヤブカンゾウ、ノカンゾウのオレンジ色です。

自然の色彩の鮮やかさをお楽しみください。
右馬允の最新のお料理はFacebookからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/umanojo/

右馬允の旬の料理情報

大鹿村ではズッキーニやキュウリ、カボチャ、なすが収穫でき始め、その色彩に夏の到来を感じます。
先日、仲良くさせていただいている農家さんから新ジャガをいただきました。
ほっくりとろけておいしいジャガイモです。
大鹿村を代表する果物たち、ブルーベリー、水耕栽培のイチゴもシーズンを迎えています。

現在、通常のご宿泊(お一人15000円税別)では、大鹿野菜をふんだんに使ったお料理をご提供中。
ご好評をいただいている鮎料理(お一人18000円税別)の宿泊はお盆(8月15日)まで受付中です。

先日大雨のためしばらく川には入れないと思っていましたが
思わず40匹ほどの釣果あり。今年は河川の状態が良いので立派な鮎に育っています。
香りもいいのでお料理をさせていただいていても気持ちが弾みます。

伊那谷の旬のお料理は、信州大鹿村 右馬允で是非お楽しみください。

※引き続きお昼の営業はコース、うどん屋ともにお休みさせていただいております。
大変ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

かくれんぼ

緑が奇麗なドウダンツツジを玄関に大胆に飾ってみた。
毎日、イモムシのうんちがどさどさ落ちてくる。
目を凝らしても見つからない。
ドウダンツツジの枝の下に根っこがってやっと発見した。

「コウチスズメ」

スズメガ科にしてはやや小ぶりのツツジ科食のイモムシ。
実に良い隠れっぷりだ。8匹はいた。
これだけキレイに隠れてくれたら、
駆除を免れることができるはずと思いきや
うんちでその存在に気付くわけです。

夏のキノコ アンズタケを収穫

夏のキノコ アンズタケが今年も収穫できました。
フランスでは「ジロール」といい高級食材として扱われるそうです。

日本のアンズタケは香りが良いのが特徴。
本当に甘い杏のような香りがします。
そんな香りと鮮やかな色をお楽しみいただけるよう
吟味して調理させていただいています。

右馬允の最新のお料理はFacebookからご覧下さい。
https://www.facebook.com/umanojo/