カテゴリー別アーカイブ: 未分類

土の中から「もう春です」

今日の天ぷらは
サワガニ、ウド、たらの芽、クワイ、キクイモ、フキノトウ、ハナウド、山芋のかわり揚げ(中に岩魚と梅)。
でした。鹿塩の山塩でお召し上がれ。

土の中からもう春です。

【告知】橋本でリニア報告をさせていただきます

相模原市橋本でリニア報告をさせていただきます。
テーマはリニア災害です。
リニア工事の村で起こっていること、困っていること等を共有できる機会になりそうです。

ご興味がおありの方はお出かけください。

詳細はこちら

日 時 :3月 3日 (日 )18時~20時30分
(開場 17時30分)
会 場:ソレイユさがみ セミナールーム2
(橋本駅北口 イオン6階)
資 料 代 :500円
内 容 :大鹿村からの報告 前島久美 相模原市各地域からの報告と意見交換

【自然観察】チャバネフユエダシャク発見!

西日本の海沿いのトレッキングコースを歩く機会があった。
途中、太平洋が見渡せる高台に楠があり、それに登ろうとしたら
彼女に出会うことができた。
手をかけたところにいたのだった。潰さなくてよかった。

チャバネフユエダシャク(暫定)のメスの成虫だ!

図鑑でみた、あの白黒のホルスタイン形!
羽は退化してない。

大鹿村でもよく冬枯れたコナラの林を
探してみたけれど、雄はいるのにメスは発見できないままでいた。

なんと、西の国で思わぬ遭遇。
ひとり、ひっくり返りそうになりながら興奮が絶頂に達した瞬間だった。

【物販】うたごえサークルやまなみ オリジナル作品第2集 組曲 時代遅れの新幹線 合唱用楽譜・歌詞集販売中

右馬允店頭にて、うたごえサークルやまなみ オリジナル作品第2集 組曲 時代遅れの新幹線 合唱用楽譜・歌詞集販売中です。

風の歌、活断層の中を、その「夢」の影に、リニアのブルース、今が未来を作る他1曲 の全6曲の楽譜・歌詞集です。1冊1500円。

リニアボイコット活動や集会などでご活用ください。右馬允では4冊の限定販売です。

【3月24日】藤野@相模原市にて『リニア新幹線の今』をお伝えします

藤野@相模原市にて『リニア新幹線の今』をお伝えします。
会場は中央本線藤野駅から徒歩4分です。

昨年から談合が問題になっているリニア中央新幹線。
大鹿村は、南アルプストンネルの長野側で、2016年11月から工事が始まっています。
昨年12月には、リニア工事に伴う新トンネル工事で、崩落事故が起きました。
今、大鹿村で何が起きているのか、参考映像と共に前島久美がお伝えします。

【日時】3月24日(土) 18:00~20:00
【場所】藤野中央公民館 多目的室(アクセスはこちら
【参加費】300円

[詳細はこちら]

右馬允ヨガクラスのお知らせ(※要予約)

右馬允での宿泊やランチのご予約にヨガクラスを加えてみませんか?
リフレッシュした後の景色やお食事は、いつもと一味違うかもしれません。

右馬允をご利用の方に限り、ヨガクラスをお一人様1,500円にてご提供させていただきます。

ヨガクラスご希望の際は、ご予約時にお申し出ください。
右馬允スタジオは2名~6名様までご利用可能なスペースです。

ヨガの性質上お食事の前のみの施術となります。
以下、おすすめプランです。

<プラン1>【宿泊 + ヨガ】 
AM 6:00 ~ 朝ヨガ(約60分)
AM 7:10 ~ お風呂 
AM 8:10 ~ 朝食 
AM 10:00 ~ チェックアウト

<プラン2>【ヨガ + ランチ】
AM 10:30 ~ 馬ヨガ(約75分)
PM 12:00 ~ ランチ

ヨガは性別、年齢、怪我や病気の有無に関係なく、どなたでも行うことができます。

講師:前島 久美
2013年より、ヨガをシェアする。
機能改善ヨガ指導士
全米ヨガアライアンス200時間修了
2015年より、クランティ氏に師事
2016年より、ヨガ教室「いもむしクラブ」を運営

季節のワンプレート

お料理をさせていただくのが年間のなかで最も嬉しい時でもあります。
野山がまた賑わい、そしてお客様にもお行き会いすることのできるシーズンだからです。
心機一転、また動き始められることに感謝です!
今日の季節のワンプレートはそんなわくわく感をつめこんで、ギョウジャニンニクの卵焼き、ソラマメ、木の芽田楽ふきのとうのガレット添え、鹿肉のロースト。
野をうきいき散歩しているかのように感じていただければ幸いです。

雨の日が続いています

晴れ間がのぞく日もありますが、12月に入って里は雨や雪が断続的に降っています。
少し見上げれば、粉砂糖をかけたような伊那山脈が現れます。
頂上付近は空と溶け合っています。
赤石嶽も。
すっかりと白銀の装いなのでしょう。

驚愕の野沢菜畑

「くみが蒔いたところは、まばらにしか生えてこんぞ」
といわれたので、先日、種まきを手伝わせていただいた濱中千鶴さん家の畑を見に行きました。

驚愕の実態。
千鶴さんの蒔いたところは規則的に野沢菜が芽生えているのに、私が植えたところはまばらです。
冬の野沢菜仕込みはどうなってしますのでしょう・・・。

種まきの「絶妙な手加減」を実感するのでした。