【ランチ満席御礼】12月22日の建築史ゼミ 右馬允の特別ランチは受付終了となりました

12月22日(日)10:00〜開催 第1回建築史ゼミ 「上蔵(わぞ)まちなみ × 右馬允(うまのじょう)たてもの」見学会
右馬允ランチは定員になりましたので受付を終了します。ありがとうございました。

なお、まちなみ及び、たてもの見学会は定員は設けていませんのでご参加いただけます。

お問い合わせ・お申し込みは、12月18日までに飯田市歴史研究所 0265−53−4670 福村さんまで

●開催日時:2019年 12月22日(日) 10:00-14:15

●集合場所:10:00 大鹿村上蔵 福徳寺前公園

●見学内容:①上蔵の集落のまちなみ ②旅舎 右馬允(うまのじょう)の建物

●行程

10:00-11:50 上蔵見学

12:00-13:00 昼食休憩 

13:00-14:15 右馬允見学 (現地解散)

福村任生さんより! 見学会のポイント!

上蔵は、室町時代と推定される中世仏堂の福徳寺(国指定重要文化財)を有する、大鹿村南部の山間集落です。

旅舎 右馬允 現在の建物は大正時代に大鹿村の村長をつとめた前島隆俊が自ら設計した住宅で、本棟造の平屋部分と近代和風?の二階建て住宅が前後に結合された珍しい形式の建築です。

現在は料理宿として、旧土間や玄関まわりがリフォームされていますが、当初材の古い製法のガラス戸や、庭に植えられたさまざまな樹種など見どころ多数です。

風景の切り取り

冬の森は明るく、木々の枝の先端や木肌の表情を観察するのに楽しい季節。

木立の中にウスタビガの美しい緑色が目について、見かける度に採取してしまう。

宝石を手に入れたようにうきうきする。

冬の風景を切り取って部屋に飾ろう。

心臓ハツ体験

よく育ったメスの鹿が四肢を大の字に縛られ、すでに生気を失った濁った目は空を仰いでいる。腹は縦に割かれて内蔵から湯気が上がっていた。お隣のTさんは猟師だ。朝早くから下処理に余念がない。

「立派な鹿が穫れましたね」思わず車中から声をかける。「かわいそうだけど、仕方がない。畑を荒らすで敵だ。一番美味しいところを持ってくか」そう言ってTさんが内蔵の塊の中から取り出したのは「心臓」だった。

実家の旅館でも鹿肉はメインの定番だ。ロースやフィレが柔らかく、現代人の好みに合うのでよく使う。けれど最上級が心臓とは、初耳だった。ジビエの精肉所でも扱っていない部位なだけに頂くのが楽しみだ。

 その日は弟の経営するフレンチレストランでサービスの仕事だったのでそのまま持っていって、まかないで焼いてもらった。鹿の心臓は皆食べた事がなく、初体験だった。「牛ハツとかわらないですね」店のYシェフが驚いていた。

 動物でも山菜でも食材を「死にたて」で扱える強みを持つのが猟だ。今年、弟の允(まこと)は狩猟免許を手に入れた。食材が身近に豊富な分、その鮮度にこだわりはじめると行き着くのが「猟師」と言う事になる。

 季節の成り行きは命の醸成の一部。年々に違う温度や湿度、風の流れ。これら目に見えないものは山の中で影響し合って、やがて形になって現れる。季節が巡る中で、肌で感じ取った目に見えない情報と山の中の具現化率がイコールになっているとお山と話が出来たようで嬉しい。

右馬允ヨガの受付休止と再開日程

日頃は右馬允のヨガクラスをご利用いただき誠にありがとうございます。

【休講期間】2020年1月20日~4月5日まで

今季も講師の研修に伴い、右馬允のヨガクラスはお休みさせていただきます。

新規ご予約は4月6日より受付開始とさせていただきます。
大変ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

尚、右馬允ヨガ休講中の2月~3月は飯田市で全4回の特別講座が開催されますので、ご興味のある方はこちらをご参照ください。

いもむしクラブのHPはこちら
http://umanojou.com/imomushiyoga/

「いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」12月の季節のおまけ

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、市場に出回らないもったいないオオシカ谷のお野菜をお届けしています。

12月は聖護院大根、白菜、カラシナ等オオシカ谷の旬の鍋物セットと題してお届け中。
また、もったいない野菜と一緒にお届けする「季節のおまけシリーズ」では、自然からの恵みをお裾分けしています。

12月はオオシカ谷の自然から「クリスマスリースセット」をご希望の方にお届けします。
一例としては、センダンの緑、アオツヅラフジの青、ヘクソカズラのゴールドブラウン、野バラの赤、バラ型シダーローズ等をお入れしています。
自然の色彩には力があります。オオシカ谷の自然の色味であなたのクリスマスや年末年始シーズンを演出させていただければ幸いです。

裏山が銀世界

昨日の冷たい雨は標高1000メートル付近では雪に変わりました。

朝、外に出ると裏山は銀世界。

青空とのコントラストが美しい朝。

【募集】建築史ゼミ 上蔵(わぞ)まちなみ × 右馬允建築 見学会 チラシが出来ました。

12月22日(日)10:00〜開催 第1回建築史ゼミ 「上蔵(わぞ)まちなみ × 右馬允建築」見学会のチラシが出来ました。ご参照ください。
PDFはこちら

定員10名の右馬允ランチは残席わずかとのことです。ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

なお、まちなみ及び建築の見学会は定員は設けていませんのでお気軽にご参加いただけます。

お申し込みは、12月18日までに飯田市歴史研究所 0265−53−4670 福村さんまで

※写真は、まちなみ見学予定の大鹿村上蔵(わぞ)集落です。

【参加者募集】2月・3月 集中ヨガ体験「春になったらヨガをしよう」参加者募集のお知らせ

伊那谷を拠点に活動する「いもむしクラブ」から「春になったらヨガをしよう!」体験講座全4回の参加者募集です。

参加募集期間:2020年1月10日まで 最低実行人数5名に満たない場合は中止します。予めご了承ください。  

「春になったらヨガをしよう!」

●日時 2月2日、16日(日) 3月1日、15日(日) 朝 9:30〜11:00

●呼びかけ

 ヨガの段階的方法では、身体を整えることから始まります。身体を使ってご自身にとっての「安定した心地よさ」を探っていきましょう。私にとっては心地よいものであっても、あなたにとっては必ずしも同じとは限りません。

 今回の4回の講座では、あなた自身の「安定した心地よい」場所を探っていく講座となります。どこか知らない土地を旅するように身体の細部までじっくりと感じていきましょう。ちじこまりがちな冬の身体をゆっくりとしたペースで丁寧に動かしていきます。はじめての方でも無理なくおこなえる内容です。

●参加対象

全4回のクラスに参加可能な方。

●持ち物 動きやすい服装 ヨガマット ※レンタルマットあり

●受講料 6000円 (講座の初日に講師にお支払いください。レギュラークラスのカードは使用できません。振り替え・払い戻し不可)

※全4日の日程すべてにご参加いただくと4月からのレギュラークラス1回分のチケットになります。

●場所 かがやきパレット (長野県飯田市上郷別府3304−3) 板張りの気持ちのいいスペースです

講師 前島 久美 (まえしま くみ)大鹿村在住ヨガ講師 冬期東京研修中

〜こんな方におすすめ〜

新しい事を始めてみたい ヨガを生活習慣にしたい。
ヨガについて踏み込んで知りたい。とにかく身体を動かしたい。

お問い合わせ・エントリーは、「いもむしクラブhのページからご確認ください。

かくありたい

上蔵(わぞ)集落の黒の田井水の組合に加入して3年目。今年はお世話人をしている。黒の田井水の組合員は8軒。

そのうちお米を栽培している組合員が1年交替で組合長を努めることになっている。私も含めて3軒が黒田井水で米作りを行なっているのでこれから2年おきにお世話人の仕事が回ってくることになる。

 集落から4キロ離れている山の上から引っ張ってくる井水の状況は天候に左右される。台風や大雨で水の取り口が埋まったらスコップやジョレンを持ち出してレスキューするのがお世話人の仕事だ。

今年は大きな工事の必要性はなく、なんとか月1、2回の掃除で水量を維持できた。

ところが稲の取り入れも終わって田畑終いの頃、流量が思わしくないので行ってみると2つあるパイプの内1つに問題があった。

ジョイントの所から水が吹き出し、下流の出口の所からは水が少量しかでていない。パイプの破損を防ぐため厳冬期も水を流しておくのが決まりとなっているのでなんとかしなければいけない。

 その場では判断がつかず、下山して後見人のKさんと連絡をとった。Kさんは事あるごとに指示を仰いでいる頼もしい存在だ。

状況を説明すると、どういう対処が必要なのか大方見当がついたようだ。後日一緒にまた山にあがることになった。

 Kさんは状況を見た上で作業の段取りを丁寧に説明して、素人の私達に意見を求めてきた。

彼は幼少の頃から黒の田井水で祖父母、両親がどんな作業をして来たかを見て来ているし、更に何十年と整備にあたってきた方だ。

だから指示の出し方もトップダウン的なものを想像していた。だけに、はっとした。

「こういう風にやろうと思うのだけど、あなたはどう思いますか」

私は長らくこの言葉掛けをしてもらいたかったのだろう。ここのところ「決まったことだから、こうやります」と言う乱暴な人たちと対峙してきただろうか、

このような丁寧なやり取りで進む作業に精神的な淀みを浄化してもらったようで、清々しかった。自分が正しいと思う気持ちがない、もしくは抑制したやり取りは、美しい。