紙谷正さんの稲刈り

気持ちのいい、スカンッとした青空が広がっています。
「金色の田んぼ」に立つときが来ました。
稲刈りです。

村一軒の養蚕農家 紙谷正さんはここ数日、お蚕様や畑仕事の合間を縫っては稲刈りをスタートさせていました。

いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」では、杭やナルを運んだり、はざ掛けのお手伝いをさせていただきました。
乾いた稲穂の香りは心地がよかったです。