カテゴリー別アーカイブ: 紙谷さんの畑

【風景】紙谷正さんの畑

村の現役最長老の紙谷正さん(95)の畑では、きぬさや、ダイコン、カブ、べんりな、春菊が収穫できます。

ナスやシシトウも植えられ次のシーズンのお野菜もばっちりです。

じゃがいももあと1ヶ月もすれば収穫でしょう。

紙谷さんの「ご長寿野菜」は『いつでも送っていいよ大作戦in大鹿』にて発送させていただいています。

【傍話】昔のはなし

今日も現役最長老の紙谷正さん(95)の田んぼで小一時間ほどお手伝い。作業の合間に昔語り。「道外垣の田んぼも昔からの人はもう数えるくらいににしかおらんくなった」「何も残せずこんな年になった」とぼんやりつぶやく。紙谷さんは最長老の農業人だ。こんなに作業ができる方をあたしは知らない。あたしは「風景を残している」と思っている。それは血縁でつながるものでは必ずしもないかもしれないけれど、歴代の農業人は、確実に風景と共にここで生きていく姿勢を残してくれている。

【農事】藁切り

ブオン、ブオン、と音を立ててる藁切り機に一束一束藁を入れていきます。今日は紙谷正さん(95)のところで藁切りのお手伝い。午前中は日が差し暖かく着ていったウインドブレーカーを脱いで作業にあたりましたが午後は一転風が強く機械から飛び出た細切れの藁切れ吹雪に圧倒されました。

【農事】桑と紙谷さん

オオシカ谷の現役農業人最年長(暫定) 紙谷正さん(95)。今日は伸びに伸びた桑の枝切り作業。2017年をもってオオシカ谷の養蚕業は幕を閉じました。最後の担い手だった紙谷さんの桑畑は今は鹿の餌場となっています。
「枝を切って、弱らせんと」
そう言って桑の木を切っていきます。枝といっても結構太めにそだったのは剪定鋏で切るのも一苦労。
桑と桑との間の雑草も彼の背丈ほどになり、衣服にくっつきます。
長年この時期ともなれば、根っこの方向づけをしてあげたりお蚕様のえさとなる桑にひと手間加える時期だったのですが月日もたてば、終活となります。

【風景】もみ運び

畑じまいに忙しい毎日。村の現役農業人 紙谷正さんは、今日はもみからを畑に撒いていました。入れすぎると背負いきれないので今期の体力に合わせてもみを一度に運ぶ量を調整するのです。そうやって年々の体力と動力を観察して身にあった仕事量を探すのです。

【風景】紙谷正さん(95)の仕事

「くみさ、記念にたんぼのはざかけのの風景を撮ってくりょ」

と言われ村の最長老の現役農業人 紙谷正(95)をたずねました。

おひとりではざなるを組み立て、この6反のはざかけ風景を作りました。

満足げです。来年はもうこの風景は臨めません。

長年毎年同じ作業をしていても毎年農作物の出来は違う。

そこに面白さがあり、やり続けていなければわからないことがあると紙谷さんはおっしゃいます。そうやって何十年も土に対峙されてきたのでしょう。

里山でもはざかけの風景は減少傾向にありますが、なんとか若い世代でこの風景をつなげていけたらな、と思います。

あと数日で脱穀が始まるでしょうか。

【農事】6反のはざかけ作業終了

村の最長老の現役農業人 紙谷正さん(95)のはざかけ作業が終わりました!明日から台風がやってくるというので滑り込みセーフです。

お疲れ様でした!!

いつでも送っていいよ大作戦」では、紙谷さんの新米の申し込み受付をはじめました。11月の発送でお届けいたします。会員の皆様はお楽しみに♪

【農事】はざかけヘルプのち野沢菜の間引きヘルプ

いつでも送っていいよ大作戦」では会員の皆様からお預かりしている農村TAXを使って農繁期の「ねこのて」希望の方に「人の手」をお届けしています。

今日は紙谷さんちのはざかけのお手伝い後、千鶴さんの畑で野沢菜の間引き作業を日暮れまで行いました。先日種まきのお手伝いをしたところがきれいに芽がでそろっていてうれしかったです。

今年は虫が多く天候も不順だったせいか、作量が今一つ伸び悩んでいます。

「おもうようにできんとつまらん」と千鶴さんは言います。

「人間がだめだもんで野菜もひとならんわ!」と言いながらちゃんと土を耕し、種を預けているのだからそんなに卑屈になることはありません。

楽しみも土に預けるのです。

【農事】はざかけ応援

村の現役最長老 紙谷正さん(95)の稲刈りが昨日から始まりました。

いつでも送っていいよ大作戦の事業の一環として

はざかけの応援に出向きました。

3時ごろ出向いて5時前には1反のたんぼのはざをかけ終えることができました。

紙谷さんの田んぼは全部で6反です。まだまだこの作業の応援は続きます。

9月いっぱいで終われば御の字でしょう。

作業にご興味のおありの方はいつでも参戦大歓迎です。

【農事】種蒔き

ご長寿現役人 紙谷正さん(95)を訪ねるとダイコンの種蒔き。

今季は春から虫が多く、梅雨時は思わぬ大雨と

悪戦苦闘しています。

「どうなるかわかんけーど、とりあえず土に預けておくだ」

と言って黙々と秋蒔きの種蒔きに勤しみます。